顎に梅干しシワができる原因と治療について

顎のシワの原因・オトガイ筋の緊張

顎に梅干しシワができる主な原因は顎や前歯の上下の位置関係の問題があるため口を閉じづらいことが原因です。口ゴボなどで口を閉じにくい患者さんに多く、オトガイ筋という下唇を上に持ち上げて口唇を閉じる筋肉が過度に緊張すると顎に梅干しシワが現れます。顎の梅干しシワは写真を撮るときに目立ちがちなので気にしつつも原因が分からずボトックスなどで凌いで根本的な治療ができないでいる患者さんもいます。

オトガイ筋とは

オトガイ筋は側切歯がある歯槽骨付近から顎の先端の近くまで伸びている筋で、作用は下唇を上に上げる働きを持っています。顎の梅干しシワを作り不快感や悲しみを表現する時に自然とオトガイ筋が使われています。

なぜ顎に梅干しシワができるの?

1. 口ゴボや出っ歯、下顎が小さく後退している

出っ歯や口ゴボ、または顎が大きく後退し(いわゆる顎なし顔貌)ていたりすると口を閉じるのが難しくなります。通常、口を閉じるときには下唇は上に引き上げられますが、この時オトガイ筋という顎に付いている筋が収縮することが必要です。そのため下唇を引き上げる程度が大きくなると過度にオトガイ筋の緊張が起き、オトガイ筋の端が引っ張られて顎に梅干し様のしわが現れてくるのです。

2. 面長で上下の唇が離れている

咬んでいる時でも前歯が開いてしまっている開咬(オープンバイト)と呼ばれる咬み合わせでは、下顔面部の長さが増すために口が閉じづらくなり唇を閉じようとするとオトガイ筋が緊張して顎に梅干しが現れます。アデノイド様顔貌からもわかるように、口呼吸してきた方は面長になる傾向があります。また、下顎が時計回りに回転して後退している場合にも顔が長くなり上下の唇の距離が離れるため口が閉じにくくなり顎の梅干しシワが現れてきます。

3. その他

その他(疾患や合併症など)顎に梅干しシワができるのは上記の顎と歯に起因する原因がほとんどですが、オトガイ筋の痙攣が起きる疾患やオトガイ形成術などの外科手術後の合併症で現れることがあります。

顎の梅干しシワの治療

1. 口元を後退させる

口ゴボや出っ歯は口元を後退させる必要があります。口元が出ていることを気になさる方は歯並びだけでなく、唇の後退を望んでいますので例外を除き、抜歯矯正を歯科矯正用アンカースクリューを併用して後退させていきます。

顎が後退している場合には顎を前方位で適応させる生理的な矯正歯科技術を用いることで上下の前後的なギャップが小さくなり口を閉じやすくなります。

2. 顔を短くする

開咬や下顎が時計回りに回転して面長になっている患者さんでは、面長で上下の唇の距離があるために口が閉じにくいことが原因ですので、顎のオートローテーションをして顔の長さを短くすることで口が閉じやすくなりオトガイ筋の緊張を軽減することで梅干しシワが改善します。歯科矯正用アンカースクリューを使用して奥歯を圧下させることによって鼻から下の顔の長さの調整を行うことが可能です。

関連記事

  1. デイモン セラミックブラケット

    矯正装置(ブラケット)の種類と歯への接着

  2. 矯正中の歯磨き

    矯正歯科治療中の歯磨きの方法

  3. clockwise_rotation_after_sig

    エラが張った顔を矯正治療で改善した症例

  4. 審美歯科と矯正歯科

    歯並びの治療 矯正歯科治療と審美歯科治療どちらを選ぶべき?

  5. 渡ったときに片方の歯茎だけが見えるカント

    スマイルの美の基準と傾いたスマイルの治療

  6. 空隙歯列弓の矯正治療

    すきっ歯(空隙歯列弓)の矯正歯科治療

PAGE TOP