授乳中・妊娠中の矯正歯科治療について

妊娠中の矯正治療

30歳前後の女性の矯正治療

人生のイベントが立て続けに起こる30歳前後の女性にとって歯並びや噛み合わせの矯正を行う際に注意すべき点が結婚・妊娠・出産・授乳です。

結婚式はどうする?

まず、結婚式ですが写真を撮影する際に装置や抜歯スペースが見えないようにしたいと思うはずです。見えない矯正装置である裏側矯正の一般的なメリットはそれこそ見えないことです。結婚を控えた方であれば装置が見えないことは大きなメリットではないでしょうか?また歯を白くしたい場合にも表に装置がないためホワイトニングが可能ですので挙式時に白い歯にもできます。

矯正治療途中で妊娠した場合

矯正治療中に妊娠された方は口腔内衛生状態を高く維持するようにしながらそのまま治療を進めても大丈夫です。この場合は必要な矯正処置を行い最後にワイヤー装置を外して後戻り防止装置を装着するという通常の流れになります。

妊娠しているとできない処置がある

妊娠されている場合、これから矯正治療を始めようと考えている方は観血的な処置や投薬が必要な処置に気を付ける必要があります。抜歯などの観血処置を妊娠中に行うと痛みどめの薬や抗生物質を服用する必要が出てきます。痛みどめや抗菌剤は妊娠中でも比較的安全に使用できるものがありますが至急治療しなければならない治療でもない限り胎児への影響のリスクを考えると、抜歯などの観血処置をともなう矯正治療を今は避けるべきです。逆に歯を抜かないなど観血処置が必要ないのであれば妊娠中でも安全に矯正治療をスタートすることができます。

他に矯正治療で観血処置が必要なものには矯正用ミニスクリューがあります。これは笑うと歯茎が見えすぎるガミースマイルの治療などで使用されることがある矯正装置で抜歯同様に局所麻酔を行って必要に応じて痛み止めなどの投薬を行います。妊娠したことが分かってもつわりがひどいときなど体調がすぐれないときはお休みしながら通院してください。通常、装置を外す必要はないです。

授乳中に矯正治療を開始する場合

産後で授乳中の方が矯正治療を始める時に気を付けることとして、やはり観血処置による母乳への薬剤移行があります。ほとんどの薬は少ないながらも母乳へ移行しますが、痛みどめや抗生物質には授乳中でも安全に使用できるものがあります。例えばアセトアミノフェン製剤である痛みどめの「カロナール」やマクロライド系抗生物質の「クラリスロマイシン」などです。

薬を飲むタイミングも工夫し、乳児への授乳が終わったら薬を服用するようにすると母乳への移行量を少なくすることができます。なお、生後2か月経つと乳児の肝臓や腎臓などでの解毒機能も発達してきますので比較的安全です。より詳しく授乳と薬のリスクについて知りたい方は下記の国立成育医療センターに問い合わせて相談してみると安心されると思います。国立成育医療センターHP内 「ママのためのお薬情報」 http://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/index.html

矯正治療と妊娠・出産に関する不安に対する回答

産婦人科のドクターから歯ぐきが悪くなる可能性があると言われ不安

妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンが多くなります。口の中にはエストロゲンを好む歯周病菌がいるため歯ぐきが腫れやすくなります。この場合は定期的に歯のクリーニングに来院していただくか、歯磨きの仕方に工夫を加えることで腫れを抑えることが可能です。心配のあまり特別な薬を求める気持ちはわかりますが、なるべく余計な薬剤は避けたほうが良いでしょう。また、歯周病のように口腔内衛生状態が悪い方の出産は早産のリスクがあがると報告されていますので妊娠中の矯正治療でも歯のクリーニングをして清潔に保ちましょう。

歯茎がやせていくような気がする

妊娠中には十分なカルシウム摂取を心がけましょう。カルシウム摂取が十分でないと場合には妊娠や授乳自体が歯を支える歯槽骨を減少させるリスク要因となります。

(参照:KAKEN 妊娠及び授乳が歯周組織に与える影響を画像解析と組織学的解析を用いて検討する http://kaken.nii.ac.jp/d/p/11771355

妊娠中に気をつける食べ物

神経系や口唇口蓋裂などの先天異常を抑制する葉酸を摂取しましょう。葉酸はその名のとおり葉物に多く含まれ、ホウレンソウに豊富に含まれています。あとは、ナッツ類にも葉酸は含まれています。できるだけ食べ物から摂取するようにし、どうしても不足しがちなライフスタイルを送っている場合にはサプリメントを摂取しても良いと思います。葉酸の摂取量についてですが、厚生労働省の基準で言うと推奨量は100μg/日です。

(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2010年版) http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4u.pdf

まとめ

  • 結婚式を控えている場合には裏側矯正にしておくと外す必要がない
  • 矯正治療が進んでいるなかで妊娠された方はそのまま続けても大丈夫。
  • 非抜歯での矯正治療など観血処置が必要ない場合には矯正治療を開始しても大丈夫。
  • 抜歯や矯正用ミニスクリューなど観血処置が必要な場合には産後2か月程度まで待った方が無難。

関連記事

  1. 医療費控除

    矯正歯科治療の医療費控除まとめ 知っておくべき3つの仕組み

  2. 矯正治療のリスクについて

  3. 金合金製の裏側矯正装置

    金属アレルギー患者さんのための矯正歯科治療

  4. 下顎の歪みを改善した矯正治療

    顎の歪みと口角の傾きを改善しフェイスラインを整える

  5. 受け口の非外科矯正治療

    受け口の低侵襲の優しい矯正歯科治療

  6. 固定式リテーナー・フィックス

    矯正治療の後戻りについて

PAGE TOP