弱い生理的な力で動かす矯正歯科治療について

口唇と舌のバランスの取れた位置に歯を並べる

弱い生理的な矯正力による治療

従来、矯正歯科治療で使われてきた歯を動かす矯正力は強い傾向にありました。例えば硬いステンレスでループというバネを組み込んで前歯を後退させるときや、歯を動かすときに使用するパワーチェーンと呼ばれるゴムも強いなど全体的に強い力が用いられています。強い力は時に有用であることもあるのですが、矯正治療全体でハイパワーで歯を動かすようなことは私のクリニックでは行いません。

従来の矯正治療ようなハイパワーの矯正治療ではなく、弱い生理的な力で治療ができるLF2(Low Force & Low Fricrtion)システムでは唇や舌などの歯列を囲む筋肉も歯を動かす矯正力として利用できます。LF2システムで治療すると自然とある程度、歯列の内側と外側の力のバランスの取れた位置に歯が移動するので術後の安定性が増します。

筋肉のような弱い生理的な力を積極的に活用できると歯槽骨や顎、顎関節などの周囲組織にも優しい治療となり、結果、正常な筋肉のバランスに合うように骨の適応が起こって徐々に変化していきます。LF2システムを実現するような矯正装置の一つにデイモン装置があります。

デイモンの装置とは

当院の矯正治療は先ほど述べたLow force & Low friction(LF2)システムで行っていますが、歴史的には初期のLF2システムを世界に浸透させたのはアメリカのワシントンで開業されているDr. Dwight Damon(以下デイモン先生)でしょう。デイモン先生の長年の臨床実績から、矯正装置とワイヤーを縛り付けないで、形状記憶合金などの弱い力が持続するハイテクワイヤーで治療を進めると

  1. 痛みが少なく
  2. 歯の動きが速く
  3. 口や咀嚼の筋肉の力を最大限に利用でき
  4. 抜歯することが少なくなる

といったことが観察されたためこれらのことを世界に訴えてきました。 デイモン先生は上記のような現象がおこる理由としてLF2システムでは

  1. 伝統的な矯正治療ではその摩擦を超える力を加えないと歯に力が伝わらないので強い力を出すワイヤーで治療して歯根周囲の組織が壊死するため矯正治療が遅くなっていたが、LF2ではワイヤーを縛り付けないためワイヤーと装置間に発生する摩擦(friction)がほぼ0となり、適切な矯正力を発揮するハイテクワイヤーの力が100%組織に伝わる 
  2. 弱いワイヤーやゴムでも最適な矯正力が発揮され、咀嚼筋や舌など口腔顔面周囲の筋肉の力も矯正力として利用できるため、口の中の抵抗が最も弱いところに自然に歯が移動する 
  3. 歯根周囲の血管を押しつぶさない矯正力を利用するので歯槽骨が歯の移動とともに付いて来やすい
 
からだと考えました。

顔から抜歯かどうかを判断する

医学や歯学の世界はデイモン先生のような臨床家が日々クリニックで実践していることを後追いの形で、大学の先生が論文を出すという歴史の上に現在の医学や歯学が数多く存在することは否定しようのない事実です。実際、上に述べたようなLF2システムの効果が次々と論文として発表されてきています。これからの矯正歯科医は弱い生理的な力を理解して実際の自分の臨床に取り入れていることがひとつの条件です。

このようにLF2システムでは歯は抵抗の最も少ないところに移動してきます。先ほど筋肉の力が利用できると言いましたが、デイモン先生は舌の位置や口の周りの筋肉(口輪筋)が正常な人は抜歯しないでも斜め後ろに拡大して広がっていくと考えました。口輪筋が正常な人は口元を見ると判断できますので口元を基準に抜歯するかしないかを決めるべきだという”face driven”(超訳:顔で決める抜歯基準)という言葉で表現しています。従来抜歯とされてきたものの多くは抜歯せずとも歯槽骨が歯の移動とともについてくるため歯並びを整えることが出来ます。

私の臨床経験から、日本人は口ゴボが多いため顔から判断すると抜歯して歯科矯正用アンカースクリューを併用して前歯を後退させないと口ゴボが治りません。口ゴボは気にならないから歯並びだけ治してほしいなら抜歯しなくても歯並びだけは綺麗になりますが、口元や顔はほとんどかわりません。ましてや口が閉じにくいときに現れる顎の梅干しシワもあるようでしたら、抜歯になることが多いです。

歯列周囲の筋肉も利用する

LF2(Low friction & Low force)システムでは歯を抜かないで直すことが多くなるのですが、これは弱い力と軟らかいワイヤーを摩擦のほとんどない環境で使用しているからこそ可能になります。LF2システムは装置にワイヤーを縛り付けないので舌や頬などの歯列を取り囲む弱い筋肉の力でも歯を動かすことが可能になります。例えば、口元が出ておらず唇の力がしっかりしていそうな方は口輪筋という口の周りを取り巻く口を閉じる筋肉が正常に働いています。この口輪筋の力を利用することで前に出るのを最小限に抑えながら歯列の拡大により非抜歯にて歯並びを治します。ただ、重度の叢生は抜歯しないと口元がかなり前に出てしまうため抜歯すべきです。また、口ゴボや出っ歯の患者さんは抜歯(+歯科矯正用アンカースクリュー)をして矯正しないと口元が出たままになりますので抜歯矯正のほうが適切なことが多いです。

後戻りしにくい位置に歯列を整える

このように歯の外側を唇や頬で囲まれ、内側から舌で押されながら筋の力を最大限利用して歯列を整えると、自然と歯列は力のバランスが取れた位置に並ぶ傾向が高まります。どういうことかというと、舌の力と唇の力が釣り合った位置に動くことで保定期間中にこれらの筋肉に押されて後戻るリスクを軽減できるということです。そのため舌位の異常や口呼吸などがある場合には治療中にトレーニングさせて正常になるよう指導します。

後戻り防止の必要性

矯正装置が外れた時は患者さんも矯正歯科医も非常に嬉しい瞬間です。外した後は、そのきれいな歯並びや顎の位置を維持するために後戻り防止装置(リテーナー)を使用することが必要になります。リテーナーにもさまざまなタイプがあり、最初の患者さんの状態や矯正歯科医によっても何を使用するかは違いますが、いずれにせよ歯と顎の位置を保持しておく器具になります。

筋肉もリテーナー

実は器具以外に私たちが本来持っている天然のリテーナーがあります。それが舌や唇などの顔面や口腔周囲の筋肉です。例えば歯列は内側から舌で押され、外側から唇や頬で押されますのでそれらの筋肉が生み出す力のバランスが取れた位置に歯や顎があれば安定度が高くなります。伝統的な矯正治療は主にワイヤーの形の通りに歯を並べて治療していきます。これはこれで仕上がりはきれいです。でも筋肉の力のバランスが取れた位置にあるかどうかを考慮した治療法ではないので治療後の歯列は周囲の筋肉から押され不安定になる傾向があります。それを防ぐためにもリテーナーは非常に重要な装置になります。

抜歯すべきときは抜歯する

当たり前ですが、ひどい叢生や口ゴボのケースなど抜歯が必要な時にはデイモンの装置を使っていても抜歯しますので、なにがなんでも非抜歯でやるといった無理な考えをしている先生には注意してください。

関連記事

  1. 矯正用アンカースクリュー・ミニインプラント

    アンカースクリュー矯正歯科治療

  2. 出っ歯症例治療前・右・口腔内

    出っ歯の矯正歯科治療

  3. 矯正用ワックス

    矯正治療中の痛みへの対処法

  4. 審美歯科と矯正歯科

    歯並びの治療 矯正歯科治療と審美歯科治療どちらを選ぶべき?

  5. 床矯正装置・拡大床

    床矯正の矯正歯科治療でどこまで治るのか?

  6. MRI

    矯正歯科治療とMRI注意点まとめ

PAGE TOP