当院の治療は、下記3点の特徴を持っております。

1. 矯正歯科治療専門の豊富な経験と実績

院長 工藤淳夫について

当クリニック院長は、国立 東京医科歯科大学卒業後、同大学大学院にて歯学博士(顎顔面矯正学)の学位を取得し、10年以上も矯正歯科治療を専門的に手がけてまいりました。その豊富な経験と実績により、歯並び・咬み合わせだけでなくスマイルと顔の美容面を整える高度な矯正治療技術で患者さんの幸せを共に喜び分かち合うことを実現してきました。

治療技術を高めてスマイル、顔の美容を大切に考える

当院は必要と判断した場合、利用できる技術はすべて利用します。近年、矯正治療業界にもいくつかのイノベーションがありましたが、歯科矯正用アンカースクリューという小さなネジを用いた治療があります。治療中だけ使用するチタン製の小さなネジで、局所麻酔をし口腔内の骨・歯ぐきの部位に打ってゴムやバネをかけても動かない固定源として利用できます。この歯科矯正用アンカースクリューのおかげでガミースマイルやオープンバイト、あるいは重度の口ゴボなども手術しないで抜歯するだけで矯正歯科治療で治すことが可能になりました。

また、開業以来ロボット技術とデジタル化を活用した裏側矯正装置をメインに使用して施術してきました。歯の裏側は個人差が大きく従来の裏側矯正ですと、既製の装置を使用するために厚くなりがちで舌に対する違和感が大きく、さらに外れやすかったのですが、“WINシステム”や”インコグニート”などのオーダーメイドの裏側矯正装置を活用することでロボットがワイヤーを曲げ、患者さん一人一人に合ったカスタムメイドの薄い装置で治療を進めることができ違和感や発音などの問題が軽減されます。

クリニック内コンセプト

当クリニックでは一人のドクターが1日に治療する人数を10名程度までと限定することで治療のクオリティを高めています。一日に診る患者さんの数を限定することで一人の患者さんに十分な時間をかけて丁寧な施術が可能になります。

心身ともにリラックスできるよう、喧騒を離れ、メイン通りを避けた場所に位置する隠れ家のようなクリニックです。プライバシーに配慮した個室での施術を受けることができます。

2. 日々進歩する老化の医学を取り入れる

長寿化に伴って健康で美しく生きるための科学が、近年目覚しい進展を遂げています。当クリニックでは抗加齢医学の知見も取り入れながら日本抗加齢医学専門医の院長が口輪筋を含む表情筋や正常な舌の位置などを指導しております。

この”抗加齢”というキーワードは当クリニックの環境にも及んでいます。クリニックの立地に始まり、クリニック内の見た目、香り、音楽、触れるものが抗加齢医学に基づいた健康で美しいライフスタイルを表したものとなっています。クリニックの内装は来院するたびにリラックスでき、不要な老化をリセットできる空間を目指しました。

3. 乳がんの脅威に対抗するためピンクリボン運動の積極的なサポートをしています

また、当クリニックの多くが女性の患者さんです。女性に多い乳がんは、たとえ初期発見であっても身体と心に傷を残します。女性を危機に落としいれ、幸せを阻害する乳がんの予防・治療・啓蒙を実践的に活動するため、当院はJ.POSH日本乳がんピンクリボン運動を開業時から毎年応援しています。

当院の名前の由来について

2008年のリーマンショック、2011年の東北関東大震災など未曾有の出来事が相次ぎ、「安心」や「幸せ」感が壊れていくような時代に当クリニックは産まれました。院長の工藤は、このままでは「日本のためにも自分達のためにもならない」と思い、「顔とスマイル」を整えるクリニックを作りそこで一人でも多くの成功と幸せをサポートして笑顔で喜びを分かち合えるようにすることで日本を元気にしようと思いました。

人の生き方は顔に出てくるものです。いつもイライラしている方はそのような顔に、常に目標に向かって仕事をしている方はそのような顔になってきます。フェイス(顔)がその人をトーク(物語る)という意味で、「幸せ」に満ちた前向きな「美しい顔」を大切にする矯正歯科医院でありたいと「FACE TALK」と名づけました。

FACE TALKは当クリニックの登録商標です。


矯正歯科クリニックの選び方

矯正歯科を標榜する歯科医院について

現在の日本の矯正歯科を標榜している歯科医院を選ぶ際の最低限の目安について整理してみたいと思います。日本の歯科業界は歯科医師であればだれでも矯正歯科を標榜できます。

しかしながら、現実を申し上げますと、国家試験に合格して歯科医師になるまでの大学のカリキュラムには、矯正治療は机上の試験はあるのですが、実際に患者さんの担当医となって治療する機会がありません。卒業しても、矯正治療を学びたいと思って、街中のクリニックに勤めるも、やはりスキルアップには限界があります。なので、一般の歯科技術を持った歯科医師でも、矯正治療の技術向上を目指して、再び大学(大学院)に戻るのです。

一般歯科医院で安く矯正歯科治療を受けたけど、いつまでたっても歯並びが直らない、動かない、抜歯したにもかかわらず口ゴボが改善しないといったお悩みを抱えて当院で再治療を希望される方が後を絶ちません。日本の歯科制度の問題なのでその先生を責めるつもりはありませんが、そのような患者さんに会うたびに心苦しくなります。

矯正歯科医の最低限の質

矯正治療が初めての先生が、大学で矯正治療を開始すると、通常2年程度かかる矯正治療を一通り仕上げるためには最低3年必要となります。これは、入学したら、まず、「タイポドント」という人工の歯のついた口模型で1年程度かけて練習するからです。このため、一人の患者さんを最初から最後まで自分で丁寧に治療するのに、どんなに速い人でも3年はかかってしまいます(1年+2年)。

したがって、正規の矯正治療を履修しているかどうかの目安として、その先生が「大学で3年以上、矯正治療専門で修行していた」経歴があるかどうかです。実際は3年でも少ないのですが、少しでも安心と信頼できる先生を選びたいなら、最低限の目安にはなるかと思います。

矯正歯科専門クリニックとは

続いて、矯正専門でやっている医院について説明していきましょう。 矯正専門でやっているところは、専業で開業するだけの実力を持っている先生がほとんどです。いくら歯科医師であればだれでも標榜できるといっても、多少の矯正治療の経験しか持たない先生はなかなか専業で開業するだけの知識・技術が不足しているため単独での開業するほどの自信はありません。そのような先生は自分のクリニックに矯正歯科専門医を月一回などの頻度で呼んでいます。

矯正歯科専門クリニック間の違い

矯正専門で開業している先生でも、料金も治療方針にもかなりの幅があります。各々の先生の矯正知識・技術の違いによって“流派”があり、治療方針や治療の結果で得られるものもまちまちです。また、常に学習を継続して積極的に知識・技術を吸収している先生と、昔ながらの知識・技術に頼りきっている先生とでもできることに違いが出ます。

そのため、最初に相談しに行った先生に「治療困難」と判断されても、他の先生では「治療可能」であることも、特にめずらしくないのです。矯正専門を掲げている医院であってもその先生や医院の特色がありますので、よく資料や連絡を取って安心・信頼できる先生・医院なのか検討してみることです。

どの歯科医・矯正歯科医を選べば分からない方へ

最後に、どの矯正歯科医を選んでいいかわからない人のために、あくまで院長個人は専門家をどう選んでいるかを伝えておきます。3つあります。①そのドクターが治した症例 ②出身校 ③実際に会ってみた感じを総合的に判断して専門家を選びます。

これらの中で最も重要なものはそのドクターが治した症例を見せてもらって同じように自分も治療を受けたいかどうか自問することです。

①矯正歯科医や外科医など手を動かす専門家は技術が求められます。もしその先生がまともな診療をしてきたならば実際に自分で治した症例があるはずなので症例写真を見せてもらいます。

②基本的な治療ならあまり関係ないでしょうが、世界レベルの高度な治療をやるならば、世界中の知見を論理的に組み立て実際に自分の臨床に落とし込んで応用する能力が求められます。学ぶ能力は出身校をみればある程度察することができます。

③最後に実際にお会いしてこの先生になら治療を受けてもいいと思えるなら私はその専門家を選びます。

これは、あくまで院長個人の専門家の選び方ですので参考になるかはわかりませんが、どの先生を選んだらいいのかという問いに回答するなら以上のように意見させていただきます。あとはご自身で判断してください。

地域医療連携について

当クリニックでは抜歯などの必要に応じて東京医科歯科大学付属病院、国際医療福祉大学三田病院、東京警察病院などの院長が信頼している歯科医や形成外科医、美容外科医と連携しております。

クリニックの理念・使命

理念

  • 学習を継続し、サービスの改善・イノベーションを実践することで並外れた体験・結果を提供する
  • 関係するすべてのコミュニティーと成功と幸せを喜ぶ
  • 各自、患者さんを中心に考えて自律行動する
  • 新人を育て優秀な人材が集う組織として永続する

使命

「顎顔面矯正学と抗加齢医学に基づいた医療を提供し患者さんの成功と幸せを後押しする」

PAGE TOP