当院の治療は、下記3点の特徴を持っております。

1. 矯正歯科治療専門の豊富な経験と実績

院長 工藤淳夫について

当クリニック院長は、国立 東京医科歯科大学卒業後、同大学大学院にて歯学博士(顎顔面矯正学)の学位を取得し、10年以上も矯正歯科治療を専門的に手がけてまいりました。その豊富な経験と実績により、歯並び、咬み合わせ、顔の歪み、スマイル、フェイスラインを整える高度な矯正治療で患者さんの幸せを共に喜び分かち合うことを実現します。

クリニック内コンセプト

当クリニックでは一人の専門家が1日に診察する人数を10名までと限定することで治療のクオリティを高めています。限定することで一人の患者さんに十分な時間をかけて丁寧な施術が可能になります。また、コミュニケーションの時間も必要だと考えていますのでよく話を聴くためにも一日に診る人数を限定する必要がありました。

心身ともにリラックスできるよう、喧騒を離れ、メイン通りを避けた場所に位置する隠れ家のようなクリニックです。プライバシーに配慮し、完全個室での施術を受けることができます。

スマイルとフェイスラインを整える

一般的に、矯正治療は、歯並びを直すことに精一杯で、顔に対する配慮があまりされなかったということがあります。例えば、有名なものに、矯正したはいいが顔の真ん中が引っ込みすぎてしまい、年齢よりふけて見えてしまうとことがありました。これは歯並びを直そうとするあまり、歯を抜いてはいけないにもかかわらず抜いてしまい、口元を引っ込めすぎたため起きたものです。

いままでの一般的な矯正治療では骨は変えられないという考えがありました。長年、この考えが支配的であったために、矯正治療でも改善が可能な受け口でも骨を切って移動させる手術が多く行われています。近年、矯正治療業界にもいくつかのイノベーションがありました。その内の一つが当院で採用しているLF2(low force & low friction)と呼ばれるシステムです。これは、ソフトなワイヤーを装置に縛り付けないことで、自然な位置に歯を移動させる装置です。LF2だけでなく、機能(呼吸・嚥下・舌の位置・筋の硬縮状態・姿勢など)のバランスを最適化させることにより、美しいスマイルとともにナチュラルに顔を整える矯正治療が実現しました。

もう一つの技術革新がミニインプラント(アンカースクリュー)という小さなネジを用いた治療です。このネジは本物のインプラントとは異なり治療中だけ使用します。局所麻酔をしてやりますが根っこと根っこの間に打ってゴムやバネをかけても動かない固定源として利用できます。このミニインプラントのおかげでガミースマイルやオープンバイトなども手術しないで治すことが可能になったのです。

先端技術の導入

さらに開業以来ロボット技術とデジタル化を活用した裏側矯正を施術してきました。ロボットを活用することでドイツにてワイヤーをオーダーメイドで曲げさせたり、デジタル化によって患者さんの歯の形にフィットさせた裏側矯正装置を作ることができるようになりました。これによって患者さんにも矯正歯科医にもメリットが生まれています。

当クリニックでは必要に応じて東京医科歯科大学付属病院、国際医療福祉大学三田病院と連携しております。

2. 日々進歩する老化の科学を医学に基づいて実践する

長寿化に伴って健康で美しく生きるための科学が、近年目覚しい進展を遂げています。当クリニックではその抗加齢医学を基盤として、専門医が患者さんのニーズに応えることで、安心・安全に当クリニック独自の専門サービスをご提供することができます。

これまで、矯正治療では加齢に対する配慮がありませんでした。顔は年と共に変わっていきます。自然な老化による変化は変えられませんが、生活習慣のような変えられる老化もあります。この10年でかなり「老化」の医学(抗加齢医学)が発展してきており、当クリニックでも医療機関として表情筋や正常な舌の位置など抗加齢医学に基づいた指導をおこなっております。

この特徴は当クリニックの環境にも及んでいます。クリニックの立地に始まり、クリニック内の見た目、香り、音楽、味、触れるものすべてが抗加齢医学に基づいた健康で美しいライフスタイルをサポートするものとなっています。来院するたびにリラックスできる、不要な老化をリセットできる空間をプロデュースしました。

さらに顔の年齢以上の老化をさけるため、日常のスキンケアと日光、排気ガスなどの環境由来活性酸素ストレスに対して医学論文ポータルサイトのPubMedに掲載されているエビデンスの基づいて基礎化粧品ブランド「オーソブルーム(ORTHO BLOOM)」を開発しました。

3. 乳がんの脅威に対抗するためピンクリボン運動の積極的なサポートをしています

また、当クリニックの多くが女性の患者さんです。女性に多い乳がんは、たとえ初期発見であっても身体と心に傷を残します。女性を危機に落としいれ、幸せを阻害する乳がんの予防・治療・啓蒙を実践的に活動するため、当院はJ.POSH日本乳がんピンクリボン運動を開業時からサポートしています。

当院の名前の由来について

2008年のリーマンショック、2011年の東北関東大震災など未曾有の出来事が相次ぎ、「安心」や「幸せ」感が壊れていくような時代に当クリニックは産まれました。院長の工藤は、このままでは「日本のためにも自分達のためにもならない」と思い、「顔」を良くするクリニックを作りそこで一人でも多くの成功と幸せをサポートして笑顔で喜びを分かち合えるようにすることで日本を元気にしようと思いました。

人の生き方は顔に出てくるものです。いつもイライラしている方はそのような顔に、常に目標に向かって仕事をしている方はそのような顔になってきます。フェイス(顔)がその人をトーク(物語る)という意味で、「幸せ」に満ちた「顔」をプロデュースする医療機関として「FACE TALK」と名づけました。

FACE TALKは当クリニックの登録商標です。

クリニックの理念・使命

理念

  • 学習を継続し、サービスの改善・イノベーションを実践することで並外れた体験・結果を提供する業界のリーダーであり続ける
  • 関係するすべてのコミュニティーと成功と幸せを分かち合う
  • 皆で協力し合う精神を持ち、お互い尊敬・信頼する
  • 顧客第一主義を貫き個々人で考えて自律行動する
  • 社会問題に積極的に取り組む
  • 新人を育て優秀な人材が集う組織として永続する

使命

「顎顔面矯正学と抗加齢医学に基づいた医療を提供し患者さんの成功と幸せを後押しする」

矯正歯科クリニックの選び方

矯正歯科を標榜する歯科医院について

現在の日本の矯正歯科を標榜している歯科医院を選ぶ際の最低限の目安について整理してみたいと思います。日本の歯科業界は歯科医師であればだれでも矯正歯科を標榜できます。

しかしながら、現実を申し上げますと、国家試験に合格して歯科医師になるまでの大学のカリキュラムには、矯正治療は机上の試験はあるのですが、実際に患者さんの担当医となって治療する機会がありません。卒業しても、矯正治療を学びたいと思って、街中のクリニックに勤めるも、やはりスキルアップには限界があります。なので、一般の歯科技術を持った歯科医師でも、矯正治療の技術向上を目指して、再び大学(大学院)に戻るのです。

一般歯科医院で安く矯正歯科治療を受けたけど、いつまでたっても歯並びが直らない、動かないといったお悩みを抱えて当院で再治療を希望される方が後を絶ちません。日本の矯正歯科制度の問題なのでその一般歯科の先生を責めるつもりはありませんが、そのような患者さんに会うたびに心苦しくなります。

矯正歯科医の最低限の質

矯正治療が初めての先生が、大学で矯正治療を開始すると、通常2年程度かかる矯正治療を一通り仕上げるためには最低3年必要となります。これは、入学したら、まず、「タイポドント」という人工の歯のついた口模型で1年程度かけて練習するからです。このため、一人の患者さんを最初から最後まで自分で丁寧に治療するのに、どんなに速い人でも3年はかかってしまいます(1年+2年)。

したがって、正規の矯正治療を履修しているかどうかの目安として、その先生が「大学で3年以上、矯正治療専門で修行していた」経歴があるかどうかです。実際は3年でも少ないのですが、少しでも安心と信頼できる先生を選びたいなら、最低限の目安にはなるかと思います。

矯正歯科専門クリニックとは

続いて、矯正専門でやっている医院について説明していきましょう。 矯正専門でやっているところは、専業で開業するだけの実力を持っている先生がほとんどです。いくら歯科医師であればだれでも標榜できるといっても、多少の矯正治療の経験しか持たない先生はなかなか専業で開業するだけの知識・技術が不足しているため単独での開業するほどの自信はありません。そのような先生は自分のクリニックに矯正歯科専門医を月一回などの頻度で呼んでいます。

矯正歯科専門クリニック間の違い

矯正専門で開業している先生でも、料金も治療方針にもかなりの幅があります。各々の先生の矯正知識・技術の違いによって“流派”があり、治療方針や治療の結果で得られるものもまちまちです。また、常に学習を継続して積極的に知識・技術を吸収している先生と、昔ながらの知識・技術に頼りきっている先生とでもできることに違いが出ます。

そのため、最初に相談しに行った先生に「治療困難」と判断されても、他の先生では「治療可能」であることも、特にめずらしくないのです。矯正専門を掲げている医院であってもその先生や医院の特色がありますので、よく資料や連絡を取って安心・信頼できる先生・医院なのか検討してみることです。

”弱い力で矯正するため痛みが少ない””歯根や歯槽骨など組織に優しい”などの利点があるLow Force & Low Frictionシステム(例:デイモンシステム)、”筋肉や機能を最大限利用して骨の形を整える””重度の受け口でも手術せずに矯正治療が可能”などの利点があるMuscleWins法、ガミースマイルや顎の歪みを非外科で治せる技術であるアンカースクリュー(矯正用ミニインプラント)を取り入れているかどうかは現在の矯正治療を受ける際の基準となります。さらにこれらに加えて老化からくる顔貌の変化に対応するための抗加齢医学の知識の有無顔とスマイルの評価が出来るかがこれからの矯正歯科選びには考慮に入れなければならないポイントです。当クリニックはこれらの基準を満たす数少ないクリニックです。

これから取り入れたい技術としてデジタル情報のブロックチェーン応用とロボット技術の応用、AIの応用です。すでにロボット技術は裏側矯正で応用して良好な結果を出し続けています。

PAGE TOP