下顎が小さい「顎なし」患者さんの矯正歯科治療

下顎を前方移動させ筋肉・神経系を適応させた矯正治療

下顎がないいわゆる”顎なし”の患者さんの顔立ちは見た目の問題とともに気道が狭くなる傾向があるため夜間のいびきや睡眠時無呼吸症候群のリスクを高める要因になっています。また、下顎の発達は意志の強さの表現でもあるので男性で顎がないとかなり気にする方もおります。また、睡眠時無呼吸症候群のように夜間にいびきや呼吸が止まる回数が増えると日中に眠くなり仕事に差し支えることもあります。

下顎を前に出す手術について

ルフォー1型やSSROの外科矯正で一気に大きく下あごを前に出したい場合は手術で顎の骨を切って前に移動させることも有効でしょうが、この下あごを前に移動させる外科手術は筋肉に引っ張られるため顎の関節頭が吸収し開咬を伴って後戻りしやすいというリスクが高い手術です。私は外科矯正以外に、下あごがなく下顎が後退している患者さんに対しては、子供でも成人でも原因となっている筋肉と神経の適応を図り骨、関節を適応させ下顎を前方に移動させるような矯正治療を行う技術もあります。ですので外科矯正と通常の矯正歯科治療の違いを患者さんに説明することができます。

矯正歯科治療単独で下顎を前に移動させる治療について

術前(ビフォー)

術前では首から顎にかけて輪郭がはっきりとしていません。いわゆる「顎なし」の状態です。口元は突出感が強いのがわかります。咬み合わせは上下とも前方に突出している上下顎前突という咬合です。

術後(アフター)

術後ではあごや首の輪郭がはっきりとしており下顎が前に出て”顎がある”のがわかります。正面や横から見て口元の突出感がなくなり平均顔な口元の審美性が現れています。当然、咬み合わせは正常で1本に対して2本上下で噛んでいるのがわかります。

【下顎が小さい顔立ちの矯正治療】
症例の概要と治療法:歯の叢生と下顎の後退を主訴に来院。上下小臼歯抜歯、表側矯正装置にて治療を行った。第一小臼歯抜歯、表側矯正にて舌骨筋群のトレーニング(ストレッチ)を併用しながら徐々に下顎の位置を変えていきました。手術で前に出す治療とは異なり、本治療は顎関節の骨適応が年単位でゆっくりと起こることを期待します。
矯正治療のリスク:歯磨きがしにくくなる、歯根吸収が起きうる、装置によっては発音に影響が出る、食事に制限が入る等 詳しくは https://facetalk.jp/risk-orthodontic-tx/
費用:平均約100万円 詳しくはhttps://facetalk.jp/treatment-costs/
期間1年半~3年程度

下顎を後方に引っ張る舌骨筋群のストレッチについて

先ほどの成人患者さんの矯正治療では、舌骨筋群のトレーニング(ストレッチ)を併用しながら徐々に下顎の位置を変えていきました。この治療は手術で前に出す治療とは異なり舌骨筋など下顎に付着している筋肉を徐々に伸ばしながら行うため後戻りのリスクを軽減しながら、顎関節の骨適応が年単位でゆっくりと起こることを期待する治療です。夜間は下顎を前方に位置させ首・のどの筋肉が緊張してこないよう、また気道を広げいびきや睡眠時無呼吸症候群にならないよう上下のマウスピースを下顎を前に出した位置でレジンでつなげた特別なリテーナー(Jaw リテーナー)を使用します。

関連記事

  1. 表情筋の走行

    表情筋トレーニングと咀嚼筋トレーニング

  2. 出っ歯症例治療前・右・口腔内

    出っ歯の矯正歯科治療

  3. 矯正歯科治療のリスクについて

  4. clockwise_rotation_after_sig

    エラが張った顔を矯正治療で改善した症例

  5. ガミースマイル矯正治療

    顎を移動させ顔を短くし顎を前に出しガミースマイルを治した症例…

  6. 矯正中の歯磨き

    矯正歯科治療中の歯磨きの方法

PAGE TOP