開咬(オープンバイト)の矯正治療

開咬の矯正治療

開咬(オープンバイト)の問題点

開咬の基本的な問題は、奥歯で咬んでいる時でも上下の前歯同士が当たらなくなるほど開いてしまっていることです。この開咬によっていくつか悪影響がでてきます。

発音しにくい音がある

まず笑ったときのスマイルが悪化するため自尊心に悪い影響が出てきます。また、ざ行やざ行が舌足らずな空気が抜けるような発音になるようになります。これは子供の頃はかわいいのですが、成人すると魅力的ではなくなります。

面長になる

特に成人の開咬の患者さんで顕著ですが顔立ちを見ると咬筋が弱く顎がすっきりした印象です。開咬では鼻から下の顔面下三分の一が長くなるため唇を閉じづらいまたは口を閉じると顎に梅干しのようなシワができることがあります。

顎関節症のリスクが高まる

開咬状態では顎を動かす時に咀嚼筋の負担が大きいため咀嚼筋が疲れ、顎関節症になりやすいです。さらに開咬に伴うこの顎関節症状を和らげるため顎を少し浮かすように舌を上下の前歯の隙間に入れる習慣がついてしまう場合もあり悪循環となります。

開咬の原因

乳歯列期では哺乳瓶やおしゃぶりを長期にわたって継続して使用すると開咬の原因となりえます。小児期でよく見られる原因として親指の指しゃぶり、舌の位置が前方突出位、ペンなど棒状の物を咬む癖です。あまりよく咬まないで食べる習慣がある患者さんは徐々に開咬になってきます。

成人の患者さんは小児期に上記の習慣があった既往が明らかな場合もありますが、記憶がない場合がほとんどです。咬筋が通常より痩せている傾向があるため顔立ちは顎がすっきりとしていて面長が多く、前歯部自体が開いているとともに臼歯部が呈出していることで開咬状態になっています。

開咬の治療

そもそも開咬の原因となる上記のような悪い癖を排除することで予防できます。
小児期ではたとえ開咬になったとしても原因となっている習癖を中止し、正しい機能へと誘導することで自然と前歯が閉じてくる傾向があります。

例えば、原因となっている指しゃぶりを卒業してもらう工夫をしたり、舌の正常な位置を指導したり、ガムを噛んで咬筋をトレーニングしてもらいながら奥歯の呈出を制限し前歯が閉じてくるような取り外し式の機能矯正装置を使ってもらって前歯の開きを治療していきます。成人の開咬では舌の正常な位置の確立や咀嚼筋トレーニングで咬筋を鍛えるなどの指導は必要です。

さらに、前歯を閉じてくるような矯正用の輪ゴムをかけることで前歯を閉じて来ることができます。最近では必要に応じて呈出している奥歯を矯正用ミニインプラントで圧下して矯正治療を行います。この際、顎の位置の変化が起こります。矯正用ミニインプラントで奥歯を圧下して開咬を治療すると顎は閉じるように回転してきますので面長だった顔立ちが改善されてきますが、同時に顎の先端のオトガイ部が前方に出ますので下顎が小さい患者さんには良いですが、受け口で開咬の患者さんではよりオトガイが出てしまいますので注意が必要です。

また、開咬で前歯や口元が前突している場合には小臼歯の抜歯(通常4番と呼ばれる犬歯の1本後ろの歯)をして治療することもあります。

アンカースクリュー併用による開咬の改善

非外科の開咬の矯正治療には大きく2つに分かれます。一つは従来のように歯だけで閉じてくる方法ですが、この方法では面長な印象は変えられません。もう一つは今回のように矯正用アンカースクリューを併用して臼歯を圧下して下顎のオートローテーションを起こし開咬と同時に少しでも顔を短くしながら治してくる方法です。アンカースクリューを用いたオートローテーションによる治療は下顎が反時計回りに回転することで顔面高が低くなりオトガイがくっきり出てくるため今回のケースに良く適応すると判断しました。

術前(ビフォー)

オープンバイトは前歯が上下に開いてソバなど麺類を噛み切れない、あるいは発音でサ行が発音しづらいかみ合わせです。顔だちの特徴は面長で噛む力が弱く顎が細いことです。この症例は前歯だけでなく小臼歯部まで上下で噛んでいません。面長で口元の突出も伴っています。

そのためアンカースクリューを併用して、抜歯を行い奥歯をめり込ませて(圧下)、下顎のオートローテーションを起こし、顔を短くなる方向へと変化させながら口元を後退させて大人っぽい印象となるようにしました。唇が閉じやすくなるため口呼吸や感染から守り、発音も正常になるよう指導いたしました。

術後(アフター)

この症例の術前術後の変化で分かるのはオープンバイトが治って上下前歯がくっついていること、特に横顔で顕著ですが、口元の突出がなくなり、面長で顎が長い印象も改善されていることです。矯正治療後は新しいかみ合わせと顎の位置に適応できるよう表情筋や舌の位置の指導を行い、また発音についても指導していきますので年単位で徐々に良い方向に変化・適応していきます。

矯正治療のリスクについて ※費用について

まとめ

  • 開咬とは咬んだ時でも前歯が開いてしまっている咬み合わせのこと
  • 開咬を引き起こす癖や習慣を正すことが重要。成人では咬筋が弱くほっそりした顔立ちが多い。
  • 小児期では癖などの原因を排除し必要に応じて矯正装置を入れて治療する。
  • 成人ではワイヤーの矯正に矯正用のゴムやミニインプラントなどを組み合わせて治療する。

関連記事

  1. 受け口の非外科矯正治療

    骨と歯に優しい矯正治療マッスル・ウィンズ法

  2. 渡ったときに片方の歯茎だけが見えるカント

    スマイルの美の基準と傾いたスマイルの治療

  3. 下顎を前方移動させ筋肉・神経系を適応させた矯正治療

    顎が小さい出っ歯の矯正歯科治療

  4. 矯正中の歯磨き

    矯正歯科治療中の歯磨き5つの方法

  5. 表情筋の走行

    表情筋トレーニングと咀嚼筋トレーニング

  6. エラが張っている顔の矯正治療

    エラが張って下顎が出ている顔だちを矯正治療で改善した症例

PAGE TOP