両顎手術による「顎なし」の改善:小さすぎる下顎の問題解決方法

下顎後退両顎手術

下顎が後退していわゆる「顎なし」でお悩みの患者さんは多くおりますが「下顎が後退している」といっても複数のタイプがあります。一つは面長でガミースマイルもあるタイプでアデノイド顔貌と呼ばれるタイプです。アデノイド様顔貌では下顎の大きさは平均的であることが多く、反時計回りオートローテーションの治療で顎・オトガイが前に出て顔が短くなり非常に整った美しい顔に近づくことが可能です。一方、この記事では下顎骨が生まれつき絶対的に小さい患者さんです。このように下顎骨自体が小さい患者さんはガミースマイルではないことがほとんどで面長感はアデノイド顔貌と比べるとあまりなく顔が小さめであることも特徴となります。

当院のカウンセリングでは骨切り外科による両顎手術のプランも提案いたします。この下顎が絶対的に小さい方の治療プランで矯正治療単独でやることもできますが安定性の面と顔を伸ばさないために両顎手術は必ず提案しております。

下顎後退(下顎骨が絶対的に小さいタイプ)の両顎手術+オトガイ形成症例

気道に対する配慮

下顎が絶対的に小さい患者さんの横顔はいわゆる顎が無くかなり下顎後退しており、のどの長さも短めで気道が狭くいびきをしていることが多いです。睡眠中に呼吸が停止する時間がある「睡眠時無呼吸症候群」がありますが、お顔の特徴として下顎が小さいことがあることは知っておくべきです。当院では気道への配慮は優先順位が高く下顎が後退しいびきをかいている患者さんの治療プランは気道を広げるようなプランを立てます。本症例でも下顎を前に出すというのは直接的に気道を広げる治療プランです。

後戻りに対する工夫

両顎手術でも後戻りは起きます。特に本症例のような下顎後退で骨切り手術で下顎を前に出すような場合や左右非対称の骨切り外科手術は後戻りする傾向があります。本症例ではこの事実を踏まえ術前に後戻りの原因となる筋肉(舌骨筋群)のストレッチを指導し筋の緊張をほどき後戻り対策の一環としました。

また、両顎手術後のゴムかけでもアンカースクリューを歯槽骨に打ってそれにゴムをかけるようにすることで顎骨に直接的に後戻りを防ぐ力をかけました。歯にゴムをかけて良い場合ややむを得ない場合もありますが、骨切り直後のRAP現象(骨切り後は歯が動きやすいという現象)を考慮すると上下の歯同士にゴムをかけると歯が後戻りの力に抵抗して伸びてくるため、歯同士にゴムをかけるよりアンカースクリュー同士にかけるほうが後戻り対策として有効であると判断しました。

実際の症例

それでは下顎後退(下顎骨が絶対的に小さいタイプ)の両顎手術の症例を見てみましょう。骨切り外科手術執刀医は東京警察病院の渡辺頼勝先生、矯正歯科医はフェイストーク麻布十番矯正歯科の工藤淳夫です。

本症例は再矯正で当院は3回目の矯正治療でした。治療プランは術前矯正で前歯の傾斜の改善と舌骨筋群のストレッチを行いました。抜歯済みでしたが、下顎が絶対的に小さいことを考慮し、ある程度の上下前歯の前後的なギャップ(オーバージェット)を確認して反時計回りの骨切り単独より下顎が前に出せることをメリットと考えました。さらに下顎が絶対的に小さい患者さんの多くはオトガイが発達していないのでオトガイ形成も行うことが有効と判断しました。

術後は顎が前に出てオトガイが浮き出ることで美しいEラインが達成されながら下顎後退を改善しました。患者さんは非常に満足されておりました。

下顎後退の両顎手術術前術後
両顎手術で下顎を前に出した症例の正面顔貌

【本症例の治療に関するリスク、期間、料金について】

20代の患者さんで下顎が絶対的に小さい患者さんを両顎手術とオトガイ形成術ならびにアンカースクリューを併用した表側ワイヤー矯正にて美しいEラインを形成した。

本症例のリスク:外科矯正の基本的なリスクとして知覚麻痺や腫脹があり、上顎の移動方向・移動量によっては鼻の変形があります。入院が1週間程度必要です。矯正治療のリスクに関しては、歯磨きがしにくくなる、歯根吸収が起きうる、装置によっては発音に影響が出る、食事に制限が入る等 詳しくは https://facetalk.jp/risk-orthodontic-tx/ 
費用:矯正歯科における平均約100万円、外科処置に関する料金は両顎手術は約200万円 当院が外科矯正手術を依頼している東京警察病院の詳しい費用ならびに当院の詳しい費用は https://facetalk.jp/treatment-costs/
期間:約2年 https://facetalk.jp/treatment-costs/

※矯正歯科治療は公的健康保険適用外の自費(自由)診療です。

※当院では自費治療による外科矯正のみを行っております。咬合に問題がある患者さんは保険適用の外科矯正もお考え下さい。

関連記事

  1. 下顔面を縮めることで印象を改善:間延びした人中を短くする矯正…

  2. セルフライゲーションブラケット

    矯正装置(ブラケット)の種類と歯への接着方法について

  3. 渡ったときに片方の歯茎だけが見えるカント

    傾いたスマイル(カント)の治療とスマイルの美の基準について

  4. 笑っても歯が見えない逆ガミースマイル

    笑っても歯が見えない逆ガミーの矯正歯科治療

  5. 口角が下がった口

    美しい笑顔を手に入れる矯正治療:口角を上げる方法

  6. 急速拡大装置(スクリュータイプ)_sig

    成人でも効果的!アンカースクリューを使った急速拡大装置の治療…

PAGE TOP