矯正治療のリスクについて

個人差のリスク

矯正歯科治療も医療の一つですから、必ず個人差があります。したがって、治療に対する反応は患者さんによって異なりますので治療期間や結果にも影響を与えます。矯正歯科のような専門治療で満足できる結果を得られるかどうかはドクター選びでほぼ決まってしまいます。矯正歯科専業で日々臨床している実績と経験を持つ先生を選択することで上記のリスクは最小限に抑えられます。詳しくは矯正歯科医院の選び方へ。

むし歯のリスク

甘いものや酸性の食べ物を摂取したあと、歯磨きがしっかりと行われていないと、むし歯になったり、エナメル質が傷つけられます。むし歯はいつでも起こり得ますが、とくに歯につける矯正装置が装着されているときにそのリスクが高くなります。当院では調整中も使い捨ての清潔な専用ブラシでみがくので矯正治療中のむし歯のリスクを抑えます。もちろん毎食後と夜休む前には必ず歯を磨きましょう。

歯根吸収のリスク

 矯正治療では、歯を移動しようとすると歯や歯根に弱い力がかかります。患者さんによっては、歯根が短くなるといった変化が生じることがあります。その原因については、まだよくわかっていませんので、歯を動かす前に、どの患者さんにそうしたことが起こりうるのかを特定することは必ずしも可能ではありません。歯根吸収が生じても、ほとんどのケースでは、特に重大な結果をまねく事はありません。

顎関節の不快感

患者さんによっては、矯正治療中に、あごの関節に不快感が生じることがあります。これは通常一時的なもので、矯正装置をつけていない人でもこのような症状は起こり得ます。

治療後の変化

矯正治療をしたかしないかに関わらず、一生の間に筋肉、骨の形、歯の位置は変化します。矯正歯科治療後に特に変化しやすい部位もあります。この後戻りや変化を最小限に抑えるために矯正治療後には必ず保定装置(リテーナー)を装着しなければなりません。ドクターの説明をしっかりとお聞きになって、その支持に良く従うことで後戻りのリスクを小さくすることができます。せっかく歯並びを直したの後戻りしては悲しいですよね。このため当院では、この後戻りのリスクに対して3年間の保証をつけることで対応しており、安心して矯正歯科治療をお受けいただけます。

健康状態による影響

全身の健康状態が、患者さんの矯正治療に対する反応に影響を与えることがあります。なにか体の変調にお気づきになったときには、矯正治療を担当している先生に必ずお知らせください。

矯正治療中の食べものに関する注意

矯正治療中は、食事にも気をつけてください。硬いもの、例えばせんべいなどを勢いよく食べてしまうと装置が外れてしまう可能性があります。硬いお肉などはなるべく避けるか、小さくしてから食べてください。また、キャラメルやソフトキャンディー類はショ糖を多く含み、歯や装置にくっつきやすく、むし歯になりやすくなりますので、スイーツはできるだけキシリトールを使用した製品で代用するようにしましょう。 

装置が外れる原因となる食べ物
  • 氷の塊・飴・ドロップを咬む(なめるのはOK)
  • せんべい・タクアン・スルメ・あられ
  • 硬いステーキ・りんごなどの果物丸かじり
  • ピーナッツなど豆類
  • フランスパンの皮 など

など固い食べ物は装置が外れる原因となります。

虫歯の原因となる食べ物
  • キャラメル・ソフトキャンディー
  • 大福・カステラ など

これらに代表されるような、砂糖(ショ糖)を使用した製品で粘着性の高いものは避けましょう。

痛みがあるときの食事の工夫

ワイヤー装着後、3~7日間は独特の痛みが出ます。かまなくても舌と上あごでつぶせるまで煮る、細かく刻む、牛乳・スープなどにひたす、つぶす、ミキサーにかけるなど、食事の形態を工夫してみてください。矯正治療中は野菜の繊維が装置に絡まりやすいため、野菜が不足しがちです。腸の健康のためにも、朝、コップに1杯の野菜ジュースを飲んでから出勤するとよいでしょう。

調理例

お粥、麩、うどんやそばを短く切る、よく煮込んだ里芋、マッシュポテト、豆腐料理、ミキサーにかけた枝豆、ひき肉料理、卵料理、かぼちゃのポタージュ、野菜ジュース、大根おろし、生フルーツジュース など

裏側矯正のリスク3つ

1.清掃性が悪い

歯ブラシが届かないし見えないので特に上の前歯の歯茎が腫れます。ひどい場合には歯茎から血がでたり装置が被るぐらいまで歯茎が増殖してしまうこともあります。装置がまったく見えなくなってしまった場合には麻酔してから歯茎を切らなければなりません。

2.違和感

装置の大きさや面取り加工されているかなどでも異なりますが口の裏側に何かついているというのは非常に違和感を伴います。特に下の裏側装置は舌に直接刺さったり擦れたりするので上に比べて違和感が強いことが特徴です。ですので上だけ裏側、下は表側という”ハーフリンガル”も人気の裏側矯正になっています。どうせ口を開けると下は見えやすいですし笑っても上の歯しか見えない人が多いため見た目にも気にならない人も多くいます。

3.発音

違和感とともに発音にも障害がでます。当院の裏側矯正はオーダーメイドでできる限り薄く作られていますので発音も慣れますが装置を装着して数か月はスカスカな発音になります。特にサ行やタ行など舌を前歯につけて発音する音に障害が出やすいので注意してください。

裏側矯正が表側と比べて清掃性が悪い理由

私が最も裏側矯正でリスクとして挙げているのが清掃性です。先ほども述べましたように、裏側矯正装置は歯の裏についているため人に気づかれにくいというというメリットがありますが同時に自分にも見えにくく歯ブラシがしにくくなります。歯ブラシで歯や歯茎のケアをする際、表側に装置がついているとどこに歯ブラシが当たっているのか鏡で見てわかりますし、見ながらやれるので毛先の操作もしやすいです。

一方、裏側矯正装置がついている方の歯磨きでは特に上顎の装置が見えにくいため頭を後ろに傾けないと鏡に映らず歯ブラシの位置を確認しながら磨くことが難しくなります。一般に矯正装置がついている間はワイヤーの真上から歯ブラシを当てる操作に加えて上下斜め45度の方向から、つまり歯茎側と咬む面側からのブラシ操作を指導します。裏側矯正では歯茎側から斜めに歯ブラシを当てることがほぼ不可能なのでワンタフトブラシという特殊な歯ブラシで歯茎側を磨きます。表側からの矯正治療でもワンタフトブラシは大活躍してくれますが裏側矯正ではこのワンタフトブラシがないと歯茎付近にプラークや食渣が溜まり歯茎が腫れ次第に出血してきます。

当院における裏側矯正のクリーニング

当院では裏側矯正の清掃性を上げるために殺菌成分クロルヘキシジンの入ったうがい薬でうがいの励行とワンタフトブラシにその殺菌含嗽液を少量を塗布して清掃指導しています。これを指導すると歯周病菌特有の臭いが出ていた方でも1か月後には驚くほど臭いが減っています。あと、裏側矯正ではフロスができないことはないですが表側矯正用には楽にできる専用フロスがあるのに対して裏側矯正用はないのでフロスの習慣がある方にはワイヤーに途中で当たるため少し大変かもしれません。

関連記事

  1. デイモン セラミックブラケット

    矯正装置(ブラケット)の種類と歯への接着

  2. 小児乳歯期の咬み合わせ

    子供の正常な咬み合せはどうやって判断するの?いつ頃わかるの?…

  3. 審美歯科と矯正歯科

    歯並びの治療 矯正治療と審美歯科治療どちらを選ぶべき?

  4. 叢生の矯正治療

    歯の叢生(乱杭歯・八重歯)の矯正治療

  5. 成人用急速拡大装置(スクリュータイプ)

    新しい急速拡大装置は成人でも骨から拡大できる

  6. 開咬の矯正治療

    開咬(オープンバイト)の矯正治療

PAGE TOP