間延びした人中を短く圧縮した矯正歯科治療

人中が長い方が短くしようとする場合、人中短縮の外科手術を行うことが一般的かと思います。このような人中が長い方の顔や口元には以下のような特徴があります。これらの特徴は全部当てはまる方もおれば、一部だけあてはなる方もおります。

  1. 口ゴボで口元が突出している
  2. 面長でガミースマイル
  3. 下顎が後退している

人中を伸ばさず短く見せる矯正歯科治療について

口ゴボや面長・下顎後退の患者さんで人中が間延びしている方に歯科矯正用アンカースクリューを併用してワイヤーの矯正治療を行って歯槽骨と歯茎から後退させる、または反時計回りのオートローテーションを行い下顔面を短くする矯正治療を行うと、上下の唇が押し付けあって人中が短く見えるという実際の症例を解説していきたいと思います。

抜歯インビザラインに代表される歯だけを倒し歯茎が前に残るような前歯の後退をするような治療スタイルの矯正専門医は逆に人中が伸びる傾向があります。必ずその先生の症例を確認してから同じような治療を受けたいかどうかを判断すべきです。一般に、症例という事実を根拠に語れるかどうかは医者選びの重要な判断要素です。

人中短縮症例① 口ゴボで人中が間延びしている方の矯正歯科治療

口元の突出が悩みで矯正治療を希望されました。このような口ゴボの患者さんは口が閉じにくいため口を閉じようとするとどうしても上下の唇が間延びしてしまい、その結果人中は長く伸ばされ、オトガイの梅干し皺も現れてきます。以下に口ゴボが原因で人中が間延びしている患者さんの矯正治療を見ていきたいと思います。

上下左右小臼歯抜歯を行い、裏側矯正装置にてアンカースクリューを使い口元を後退させました。

【術前】口ゴボの方の人中は口を閉じるときに引き延ばされるので長く見えます。

【術後】口ゴボの方を歯茎から後退させることで上下の唇が押し付けあって人中も圧縮されて短く見えます。

矯正治療のリスク:歯磨きがしにくくなる、歯根吸収が起きうる、装置によっては発音に影響が出る、食事に制限が入る等 詳しくは https://facetalk.jp/risk-orthodontic-tx/
費用:上下裏側装置 平均約140万円 詳しくはhttps://facetalk.jp/treatment-costs/
期間:2年程度

人中短縮症例② 面長で下顎が後退している方の矯正歯科治療

面長で下顎が後退している顔だちは下顔面が長くなりますので口を閉じると人中が間延びしてしまいます。多くの方はガミースマイルや口ゴボも併発しておりガミースマイルや上記の口ゴボも改善する必要があります。下顔面を短くするような顎の移動を行うことで人中をさらに圧縮し短く見せることができます。

【術前】面長で口ゴボの方の人中は口を閉じるときに引き延ばされるので長く見えます

【術後】下顔面を短くしながらオトガイをだしてEラインを作り、さらに口元を歯茎から後退させることで上下の唇が押し付けあって人中も圧縮されて短く見えます

矯正治療のリスク:歯磨きがしにくくなる、歯根吸収が起きうる、装置によっては発音に影響が出る、食事に制限が入る等 詳しくは https://facetalk.jp/risk-orthodontic-tx/
費用:上下裏側装置 平均約140万円 詳しくはhttps://facetalk.jp/treatment-costs/
期間:3年程度

関連記事

  1. 術前のシュミレーション_sig

    外科矯正について

  2. 矯正治療

    小児と成人の矯正歯科治療の違い

  3. ガミースマイル矯正治療

    面長で下顎後退の顔を短くし顎を前に出してEラインを作る矯正治…

  4. 出っ歯症例治療前・右・口腔内

    出っ歯の矯正歯科治療

  5. 矯正用ワックス

    矯正治療中の痛みへの対処法

  6. デイモン セラミックブラケット

    矯正装置(ブラケット)の種類と歯への接着

PAGE TOP