下顎の歪みと口角の傾きを改善した矯正歯科治療症例

下顎の歪みを改善した矯正治療

下顎が左にずれてゆがんでいる症例の矯正治療

顎の歪みは口角の傾きを伴うことが多くどちらかに曲がっています。顎の歪みを見る時に気を付けなければならないのは上顎から曲がっているのか下顎だけ曲がっているのかを判断することです。上顎から曲がっている場合にはスマイルしてもらったときに上の歯並びが傾いてどちらかの歯茎だけがより見えすぎているというスマイルになります。この上顎から歪んでいる状態をカントが付いているというのですが、カント修正の場合にもミニスクリューを併用した非外科の矯正治療で改善が可能です。上顎から曲がっている場合には割りばしを噛んでもらうと明らかに顔の正中線に対して傾いています。

今回紹介するのは上顎は正常で下顎だけが歪んで左に曲がり口角が右下がりとなっている症例です。非外科の筋・神経を適応させる技術にて下顎を戻すことで矯正治療だけで改善したものです。

術前(ビフォー)

 

術前の顔貌の正面からみた写真に関して

顎のフェイスラインの左右差があり右の顎が下がっているような印象があります。口角は右下がりです。上の歯並びはほぼ地面と水平で上顎からカントがついている訳ではないことが分かります。下顎の左への偏位がありますので笑ったときに右の頬だけに笑いジワが目立っているのが分かります。八重歯などの歯の叢生も見られ右の唇が八重歯の上に乗るため右の口角がさらに下がっていると考えられます。また、下顎が左にずれているために下の前歯がすすきのように右になびいているのが分かります。

術後(アフター)

 

矯正治療後の正面写真と口腔内写真です。治療前に見られた下顎の左右差が改善され、左右対称性が改善されているのが分かります。口角も左右対称に改善されているのが分かります。スマイル時も治療前に見られて様な笑いジワの左右差が改善されており顎の歪みが改善されたことが分かります。矯正治療後の口腔内の様子でも上下の真ん中が一致して前歯の傾きが治っており、まっすぐな歯並びになっています。

【本症例の治療法、リスク、期間、料金について】
叢生と下顎の歪み(左方変位)を主訴に来院。非抜歯・表側矯正治療で治療を行った。上顎を拡大し、非外科の筋・神経を適応させながら、下顎を右側に移動させて咀嚼させることで生理的に適応させることに成功し矯正治療だけで改善した。上下正中が一致し下顎の変位も緩和されていることがわかる。

矯正治療のリスク:歯磨きがしにくくなる、歯根吸収が起きうる、装置によっては発音に影響が出る、食事に制限が入る等 詳しくは https://facetalk.jp/risk-orthodontic-tx/
費用:平均約100万円 詳しくは https://facetalk.jp/treatment-costs/
期間:3年程度

関連記事

  1. 口唇と舌のバランスの取れた位置に歯を並べる

    弱い生理的な力で動かす矯正歯科治療について

  2. 渡ったときに片方の歯茎だけが見えるカント

    スマイルの美の基準と傾いたスマイルの治療

  3. スマイル女性・トップ画像

    笑顔と見た目が持つ社会的に得する効果

  4. 開咬の矯正治療

    開咬(オープンバイト)の矯正治療

  5. デイモン セラミックブラケット

    矯正装置(ブラケット)の種類と歯への接着

  6. 術前のシュミレーション_sig

    外科矯正について

PAGE TOP