抜歯矯正の必要性と抜歯後の隙間について

抜歯した部位を隠すシェル

矯正治療で抜歯が必要な理由

出っ歯を引っ込めたい場合や歯並びのガタガタが強い場合などには矯正治療でどうしても抜歯が必要になることがあります。抜かないで治療することもできますが単に歯並びを綺麗にするだけでなく、口元が出ている場合や口が閉じづらいなどのフェイスラインの見た目や機能の問題も治すために抜歯をしたほうが綺麗になるときには抜きます。実際の症例として口元が突出して来院された方をお見せします。上下とも前に突出している”上下顎前突”という歯並びで上下小臼歯の抜歯をして下げました。

術前(ビフォー)

  

術後(アフター)

  

通常抜歯される歯

症例によりますが、よく抜歯される歯は小臼歯と呼ばれる歯です。小臼歯は片方に2本づつ(4番・5番と呼ばれる)あり、力学的にも便利な部位にあるためです。例えば、八重歯の治療では飛び出している歯を抜くのかと聞かれることがありますが八重歯で飛び出ている歯は犬歯で小臼歯ではありません。犬歯は片方に1本しかなく歯根も長いのでほぼ一生使う歯です。さらに犬歯には下あごの動きをガイドするという大切な機能がありますので犬歯は通常抜きません。

八重歯を治したいからと安易に犬歯を抜いて周囲の歯を削ってブリッジなどの差し歯を入れるような治療をしてしまうと残った歯は犬歯の代用にすぎないので力の負担に耐えられず長持ちしなかったり歯茎のラインが左右で異なったりなどさまざまな問題が出てきます。

抜歯後のスペースは閉じる

小臼歯を抜いた後のスペースは最後まで閉じないのではないかと心配になる方もいますがご安心ください。あらかじめ閉じることが予定されているなら歯の移動で閉鎖します。抜歯した後のスペースは前歯を引っ込めるためまたはガタガタをほどくために必要なスペースです。このようなスペースを閉じるために前歯と奥歯の間にゴムやバネなどの矯正力をかけることで閉じてきます。例えば前歯をより引っ込めたい場合には奥歯が前に移動してきにくいように工夫をしながら抜歯スペースを閉じていきます。現在は口元を最大限ひっこめたい場合にはミニインプラント(アンカースクリュー)を併用して抜歯スペースを最大限有効活用して前歯を下げることも多くなりました。

抜歯スペースが閉じない場合もあります。例えば歯が小さいとか虫歯は非抜歯矯正などで歯が削られて小さくなってしまっている場合には無理に閉じると奥歯の咬み合わせがずれるため、その隙間は人工のプラスチックかセラミックで埋めます。

抜歯矯正の治療期間について

最初の歯並びの状態や生活習慣など個人差がありますが、一般に抜歯した場合はスペースを閉じる期間が必要ですので抜歯しない治療よりやや期間がかかります。当院では全員に非抜歯は1年半、抜歯矯正は2年かかると伝えています。

抜歯スペースを隠したいときは?

特に裏側矯正を希望される方は口の中の装置や抜歯空隙が気になる場合が多いのですが、このような方々に対しては抜歯後のスペースへの見た目のケアも重要になります。

抜歯後の具体的な処置について~シェル装着~

 

通常の抜歯部位は小臼歯と呼ばれる歯です。特に第一小臼歯を抜くことが多いですが、抜歯後は笑うと6~7mmのスペースが見えます。そのため抜歯後に白くて薄いプラスチックの板を貼って抜歯後のスペースを隠します。その形状が貝殻に似ていることから“シェル”と呼ばれます。矯正治療中は歯が動いていくにしたがってシェルを少しずつ削り、削った分のスペースがなくなったらまた少し削るという具合にして抜歯後のスペースを閉じていきます。

シェルの注意点

抜歯部位を隠すために一時的につけたもので歯ではないですので強度はそれほど高くありません。そのためシェルがついている間はその部位では物を咬まないようお願いしております。また、シェルで覆ったところは汚れやすいのでワンタフトブラシなどで歯磨きをよく行いなるべく清潔に保ってください。取れてしまった場合にはご連絡いただければシェルを付け直します。

親知らずは抜歯すべき?

親知らずが生える方向について

矯正歯科治療でレントゲンを撮ると親知らずが写真のように斜めに生えてきていることが頻繁にあります。特に下顎に多いのですが、斜めどころか真横に骨の中に埋まっていることさえあります。矯正歯科治療後に歯並びが良くなって喜んでいて親知らずを放置すると、下顎の前歯に再度ガタガタが現れてくることがあります。これは一つの原因に斜め/真横に生えてくる親知らずの力があるためです。このため矯正治療では親知らずを抜歯することが多いのです。

どのような時に親知らずを抜歯したほうがいいの?

では親知らずは必ず抜歯する必要があるのでしょうか?結論から言いますと、「親知らずでも利用できるならば最大限利用する」です。ただ、親知らずは退化傾向の強い歯の種類ですので、初めからない人も多いです。

前方の歯を押して後もどりのリスクがあるとき

先ほど言いましたように斜めに生えた親知らずが歯並びの後戻りに影響してくるようですと抜歯したほうが良いでしょう。

反対側の歯がないとき

また、歯並びの矯正が終わった時に親知らずが単独で生えている状況も抜歯すべきです。これはどういうことかと言うと、歯は咬み合う相手(上か下の歯)がないと役目を果たさないばかりか、どんどん伸びて歯茎に当たってくるからです。

歯ブラシが届かず虫歯になっている場合

さらに、親知らずは一番奥にあることから、歯ブラシが届きにくいことで衛生状態が良くないことが多く、虫歯になっていることがあります。このように衛生状態が保てない状況ですと、その影響で一つ手前の12歳臼歯がむし歯でやられてきますので親知らずを抜歯したほうが良いです。

親知らずはどこで抜いてもらえるの?

親知らずの抜歯は口腔外科で修行された先生に抜いてもらったほうが手際が良いことが多く安心です。お住まいの地域の総合病院で歯科が入っているところは口腔外科出身の先生が診療していることが多いので確認してみてください。

痛みに関して、抜歯する前には必ず麻酔をしますので十分に麻酔が効いていればうまい先生は無痛に近い状態で抜歯が可能です。ただ腫れは特に下の親知らずを抜くときに骨を削ったりするとどうしても腫れてきますので、抜歯後の仕事や学校のスケジュールを考えた抜歯をしてください。抜歯後の注意点としては、お風呂や運動、飲酒など血行が良くなるような行為は避けることです。

親知らずを抜かずに利用するときとはどんなとき?

1本でも他の歯を失っているとき

例えば12歳臼歯などその親知らずより前にある歯が何らかの原因で既にない場合に代わりに親知らずを利用することが考えられます。つまり親知らずを抜歯するのではなく、その無い歯の代わりに咬み合わせに参加させるのです。矯正歯科的に親知らずを移動させることが出来ればインプラントをする必要がなくなるかもしれません。インプラントは外科手術であり、失敗すると患者さんの負担がとても大きく悲惨ですので、歯がないまたは失ってしまった場合には自分の歯が何とか利用できないか調べることです。外科手術やインプラントは最終手段と考えるべきです。

歯根に病巣があったり大きな金属の土台が入っている場合

むし歯がひどく歯根部に病巣があったり神経を抜いて金属のコア(土台)をいれなければならないときも、その弱っている歯を抜歯し矯正歯科治療で親知らずを動かせれば差し歯にする費用がかからないだけでなく、歯並びが全て矯正された後は全部自分の歯で咬めて長持ちすることができるのです。したがいましてインプラントや差し歯は人工の歯ですから自分の歯で咬める矯正歯科治療と比べて長期的にみると高くつくと思います

まとめ

  • 抜歯が必要な場合、多くは小臼歯が抜歯される
  • 閉じることが予定されていれば抜歯後のスペースは閉じきる
  • 非抜歯矯正と比べて抜歯矯正はやや期間がかかる
  • 裏側矯正の患者さんには抜歯スペースが気にならないよう白いプラスチックの板“シェル”を貼ることで見た目のケアをしている
  • 治療中、徐々にシェルを削ることによって歯が動けるようにして抜歯スペースを閉じていく
  • 一時的につけているだけなのでその部位では咬まないようにする

関連記事

  1. スマイル女性・トップ画像

    笑顔と見た目が持つ社会的に得する効果

  2. 渡ったときに片方の歯茎だけが見えるカント

    スマイルの美の基準と傾いたスマイルの治療

  3. 舌根沈下といびき

    睡眠時無呼吸症候群に対して矯正歯科医ができること

  4. 金合金製の裏側矯正装置

    金属アレルギー患者さんのための矯正歯科治療

  5. 下顎を前方移動させ筋肉・神経系を適応させた矯正治療

    顎が小さい出っ歯の矯正歯科治療

  6. 矯正用アンカースクリュー・ミニインプラント

    インプラントの矯正歯科治療への応用

PAGE TOP