すきっ歯(空隙歯列弓)の矯正歯科治療

空隙歯列弓の矯正治療

隙間を埋める方法としての矯正治療

前歯に隙間があるいわゆる”すきっ歯”は見た目にとても気になるものです。前歯の隙間(空隙歯列弓・すきっ歯)の治療はセラミックやジルコニアなどの人工歯で埋める方法と矯正歯科治療で歯を動かして隙間を詰める方法があります。矯正治療では自分の歯を動かして治すので削ることなく治すことができるのもいいところです。この記事は矯正歯科医が考える空隙歯列弓とその治療などの考察になります。

前歯に隙間ができる原因

隙間ができる原因は大きく7つあります。

1.前歯が突出している
2.爪を縦に入れて咬む癖がある(または過去にあった)
3.舌の前歯に触れる強さや位置に偏りがある
4.生まれつき歯が小さい/歯が無い
5.隙間に過剰歯や上唇小帯(唇と結合しているひだ)がある
6.重度のディープバイトでかみ合わせが深く下の前歯で上の前歯の裏の歯茎を突き上げている
7.歯の間に三角形の隙間がある(ブラックトライアングル)

もちろん虫歯や歯周病なども前歯に隙間ができる原因ではありますが矯正歯科治療を求める患者さんによくあるのは以上の7つになります。また、小児期の生え変わり時に前歯の隙間を気になさるご両親の方もいます。生え変わりの時には前歯はハの字に斜めに生えてくるため隙間があるのが正常ですので心配しなくても大丈夫です。この生え変わりに伴う隙間は、側切歯と犬歯という横の歯が生えてくるにしたがって年齢とともに通常は閉じてきますのでご安心ください。不安なようでしたら矯正歯科医に相談してください。

前歯の隙間の矯正治療

矯正歯科治療を行ううえでの特徴について7つの原因ごとに述べます。

1.前歯が出ている場合

上顎前歯が前に出すぎていると前歯に隙間が現れてきます。前歯を引っ込めて治す矯正治療を行って前歯を後退させると隙間が閉じてきます。

2.悪い習慣はやめる

爪を噛む癖など歯並びにとって悪い習癖は気づいたらやめるよう注意したり努力します。特に小児の場合には悪習癖をやめることで自然に治っていく場合があります。

3.舌圧や舌の位置に異常がある

歯列は舌と唇・頬の筋肉のバランスが取れた位置に徐々に移動してきます。このため舌で押す力が大きい場合にはその範囲だけ前に押されることになり隙間が出てきます。舌の正常な位置のトレーニングを小児期から行って正常な舌位と鼻呼吸を確立することが歯列や顎の成長にとって非常に大切です。

4.歯が小さい場合

空隙歯列の多くは生まれつき歯のサイズが小さめだったり先天的に永久歯が生えてこない場合が多いです。基本的には矯正歯科治療で歯を動かして隙間を詰めることで自分の歯だけで治します。現在は歯科矯正用アンカースクリューを併用することで時間がかかっても良い場合には大きなスペースもうまく閉じることができます。しかし動かすのに時間がかかるのが問題になる場合にはセラミックなどで歯のサイズを大きくしたりブリッジで隙間をカバーしたり、歯の移植やインプラントを併用したほうが患者さんにとって良いこともあります。これは患者さんにメリットとデメリットを考えていただき相談しながら決めていきます。

5.過剰歯・上唇小帯が原因となっている場合

人間の歯の本数は親知らずを入れないで7×4の28本ありますが、過剰な歯がある患者さんがおります。よく見られる部位に上顎の正中部に過剰な歯が埋まっているため正中に大きな隙間が現れることがあります。ただ、この正中の隙間は唇から歯と歯の間に繊維性のひだ(上唇小帯)が過剰に伸びている場合にも起こります。どちらなのかをレントゲンなどから判断し過剰歯の抜歯や上唇小帯を短くする処置が必要になります。

6.下の前歯で突き上げている場合

重度の過蓋咬合で下の前歯が上の前歯の裏の歯茎に当たって上顎前歯を突き上げてしまっている場合には上顎前歯がかなり前に突出し、隙間が空きます。この場合の矯正治療はワイヤーをかけてかみ合わせを浅くしながら突出した上顎前歯を後退させることです。過蓋咬合の患者さんの多くは噛み応えのある食べ物が好きな場合が多いです。よく噛むのはいいのですがガムやグミなどを噛みすぎると噛む力が強すぎて自分の奥歯をめり込ませるためどんどん噛み合わせが深くなって過蓋咬合になっていきます。後戻りにも関連するので、私は過蓋咬合の患者さんには必ず食事の指導も行います。スルメやグミなど噛みごたえのある食べ物をやめて再び過蓋咬合にならないよう柔らかい食事に変えながら矯正治療をすることでより良い結果が得られます。

7.ブラックトライアングルが原因の隙間

歯と歯の間の三角形の隙間(ブラックトライアングルといいます)が、年齢と共に歯と歯の間に現れてきたり、歯のガタガタを矯正した後に現れてくる場合があります。歯のガタガタを矯正治療して三角形の隙間が現れるのは、図のように歯の形が三角形の人に多いです。ブラックトライアングルは歳を感じさせる印象になるため嫌う方もおります。さらに、大きなブラックトライアングルがある場合には話すときに唾液が漏れて相手に飛んでしまうこともあります。

ブラックトライアングルを治す方法

  1. ストリッピング(ヤスリで歯の角を削る)方法:三角形の歯を矯正歯科用の”ヤスリ”でエナメル質を落として歯の形を整えて矯正する方法を良く用います。三角形のとがった角を落とすことで歯と歯の距離が短くなると自然に歯肉が盛り上がって隙間を埋めるようになります。この方法は伝統的ですがかなり安定してブラックトライアングルを解消できます。
  2. レジンやセラミックで埋める方法:どうしても歯を削られるのが嫌と言う場合には歯の色とマッチした樹脂(レジン)で埋めてしまう方法もありますが、レジンは経年変化として変色したり欠けたりすることがあります。着色しにくい材料を使いたい場合には、薄いラミネートべニアのセラミックで埋める方法もあります。
  3. 歯肉用ヒアルロン酸を入れる方法:最近ですとヒアルロン酸(ピュアデントBGカートリッジ)を注射してブラックトライアングルを埋める方法があります。この方法は、通常ヒアルロン酸自体は1か月程度で徐々に吸収していきますが、毎月繰り返し注射することでヒアルロン酸が残るようになることを利用しています。

三角形の歯は経験上、日本人には良く見かけます。患者さんがなかなか言い出しづらいときでも、こちらからどうしますか?と伺うことで良好な結果となっています。

小児期のすきっ歯について

前歯が生えてくると前歯に隙間があることを心配するご両親もいらっしゃいます。そこで、6歳~12歳ごろの歯の生え変わりの時期に隙間があることを心配されている親御様のためにこの記事を書きました。

生え変わりの時期には前歯に隙間があるのが正常です

お子様の前歯に隙間が出来ているからと言って必ずしも問題があるわけではありません。

子供の前歯は外側に向かってハの字に斜めに生えてくるのが正常なので生え変わりの時期に隙間ができるのが正常です。この時期の歯並びは醜いアヒルの子の時期(ugly duckling stage)と呼ばれ、そのうち自然と隙間が閉じて綺麗な歯並びになっていくという例えです。正常な前歯の生え変わりでは、最初あった前歯の隙間が側切歯や犬歯が生え揃うに従って次第に隙間が閉じてくるものです。たまに前歯4本だけワイヤーをかけている子供さんがいますがこれをやると2番(側切歯)の歯根が犬歯と当たって側切歯の歯根が吸収するリスクがあることを知っておくことです。12歳前後に犬歯や12歳臼歯の萌出が完了しても前歯の隙間が閉じないときには何かしら原因があるので矯正専門医に診てもらうと良いでしょう。

小児期に注意すべき大きな隙間

通常は自然と閉じてきますが、以下のように大きな隙間がある場合には注意が必要です。

過剰歯がある

大人の前歯が生えてくる6歳ごろ上顎正中に非常に大きな隙間がある場合、過剰な歯が歯と歯の間(正中)の骨の中に埋まっていることがあります。レントゲンを撮ることでしかわかりませんが、過剰歯がある場合には抜歯しなければなりません。抜歯後は自然と閉じてくることもありますが中には隙間が残ってしまう子供もおり1番だけワイヤーをかけてパワーチェーンで隙間を閉じる矯正治療が必要になることもあります。

上唇小帯が伸びすぎている

上唇の裏から歯茎に伸びている繊維性のひだを上唇小帯といいます。このひだが伸びすぎて歯と歯の間に入り込んでしまうと大きな隙間が残ってしまいます。子供の上唇をめくってみて上唇小帯が伸びて歯と歯の間に入り込んでいるようならその可能性があります。この場合には伸びすぎた繊維性のひだを切除し短くします。過剰歯と同様、切除後は自然と閉じてくることもあれば隙間が残る場合もあり矯正治療が必要になることもあります。

歯が小さい/欠如している

生まれつき歯が小さかったり永久歯が欠如している子供にもスペースができます。また、日本人には少ないですが歯よりも顎のサイズが大きい場合にも隙間が出来やすいです。※日本人は空隙歯列になるより叢生になる方の方が圧倒的に多いです。

矯正治療単独でも歯を動かして隙間を閉じることも出来ますが、そのまま無理に閉じると前歯のサイズのバランスが悪くて見た目が気になったり咬み合わせの問題が大きい場合もあります。この場合には本来の歯のサイズに戻すための適切な隙間をあえて残し、矯正治療中や治療後に隙間にレジンやセラミックなど人工物で補うほうが綺麗に仕上がることもあります。

前歯の傾斜

子供の前歯が前に傾斜している場合にも隙間が出来ます。原因には様々あり、下唇を上と下の前歯の間に入れて噛む癖や舌が前歯を押し出してしまうような悪習癖が考えられます。小児の場合、まずは舌の位置を正常にし唇の力を鍛え傾斜した前歯を立て直すことで隙間が閉じてきやすいので舌や唇の筋肉を正常にするためのトレーニング(筋機能訓練)を小児矯正治療の一環として行います。前歯が前に出て切るお子様は前歯をボールなどにぶつけて欠けたりすることが多いのでなるべく前歯を後退させるような小児矯正を行います。

咬み合わせが非常に深い過蓋咬合(ディープバイト)の場合にも下の前歯が上の前歯を突き上げるため、出っ歯になることがあります。このような過蓋咬合の小児の多くはよく噛んで食べる習慣があり、噛み応えのある食べ物を好むため、咬む力が非常に強く咬筋(エラ)が発達し、咬むたびに自分で自分の奥歯をめり込ませるため、結果として下の前歯が上の前歯の裏の歯茎に食い込んでいきます。過蓋咬合の患者さんはグミやガムなど噛み応えのある食べ物が好きなことが多いので食事指導を行ってこれ以上悪くならないよう指導します。

その他

悪習癖の特殊な例では歯と歯の間に縦に爪を入れ癖があるため前歯に隙間が出来る子供もいます。

すきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例1

すきっ歯になる原因にはさまざまありますが、ここで紹介する治療症例は“舌の接触範囲の偏りによる舌と唇の力のバランス”に原因があるタイプです。 

術前(ビフォー)

上顎前歯にも少し隙間がありますが下の左側の前歯部に明らかな隙間が確認できます。この部位に舌が偏って当たっているため内側から押し出すような力が日常的に働いており前歯が前方に傾斜して隙間が出来ています。そのためまず舌の正常な位置を教えて舌の前歯への接触範囲の偏りを無くすように指導します。正常な舌位の指導とともにワイヤーと装置を装着し歯を動かして隙間を閉じていきます。 

術後(アフター)

約1年半で終了しました。とはいえ特別急いで終わらせたわけではなく最後の半年は前歯のラインがスマイルの基準を満たすよう微調整に費やしました。患者さんの仕上がりの好みや日常生活で気づいた点をよく聴き治療に取り入れることでお互い満足のいく結果になります。外した後はホワイトニングで白くしたいとの希望もありとても満足している様子です。

【本症例の概要と治療法、リスク、期間、料金について】
上下の前歯部に隙間が空いていることを主訴に来院。非抜歯、表側矯正装置にて治療を行った。下顎前歯部に軽度ながら歯と歯の間に隙間があります。表側矯正でパワーチェーンをかけて治療を行いました。

矯正治療のリスク:歯磨きがしにくくなる、歯根吸収が起きうる、装置によっては発音に影響が出る、食事に制限が入る等 詳しくは https://facetalk.jp/risk-orthodontic-tx/
費用:平均約100万円 詳しくは https://facetalk.jp/treatment-costs/
期間1年半~2年程度

矯正治療のリスクについて ※費用について

関連記事

  1. 歯の移植矯正治療術後

    歯の移植を併用した矯正歯科治療

  2. 金合金製の裏側矯正装置

    金属アレルギー患者さんのための矯正歯科治療

  3. 矯正用ワックス

    矯正治療中の痛みへの対処法

  4. 表情筋の走行

    表情筋トレーニングと咀嚼筋トレーニング

  5. 乳歯の反対咬合

    小児の受け口と予防法・矯正治療

  6. デイモン セラミックブラケット

    矯正装置(ブラケット)の種類と歯への接着

PAGE TOP