矯正治療の後戻りについて

固定式リテーナー・フィックス

後戻り防止にはまずリテーナーの装着から

矯正歯科治療が終わると治療結果を維持するために後戻り防止装置(リテーナー)を装着しますが加齢や成長、生活習慣などで少しずつ動いてきます。特に後戻りがおきやすい場所が下の前歯ですが、固定式のリテーナーをつけることでかなり高い確率で後戻りを防ぐことができます。

矯正歯科治療には多くの装置があるのでどれを選ぶかでも大変だと思います。矯正治療後に後戻りしてしまっては矯正治療への投資が無駄になるだけでなく非常に悲しくなりますので、後戻りの観点で装置を見てみる必要もあるでしょう。

マウスピース矯正とワイヤーの矯正で後戻りの程度は違うの?

参考文献に載せましたが2007年にマウスピース矯正の一つである”インビザライン”とワイヤーを使用した矯正治療の後戻りのしやすさを比較した論文があります。この論文によるれば装置を外した3年後を比較したところ

  1. インビザラインによる治療もワイヤーによる治療も後戻りが生じていた
  2. インビザラインによる治療のほうがワイヤーを使用した矯正治療よりも後戻りの程度がひどかった
  3. インビザラインで治療した場合にだけ上顎の前歯の後戻りの程度が大きかった

という結果になりました。 つまりインビザラインとワイヤーを使用した矯正歯科治療とを比べたときにはインビザラインのほうが後戻りしやすいですよということです。 

弱い生理的な力で動かすと・・・

そもそも後戻りはなぜ起きるのでしょうか?昔から言われているのは歯根の周りの繊維が新しい位置に落ち着くまで元の位置に引っ張ろうとするからというものがあります。それだけではなく、呼吸や発音、咀嚼機能と調和した位置に歯並びを並べるのが難しかったからです。

しかし近年のLF2システムの知識・技術体系で治療することによって機能と調和した位置に歯や顎を整えることができるようになりました。LF2で治療した患者さんは機能・筋肉の圧力と調和した位置に歯が並んでいますので後戻りのリスクが大幅に軽減されます。 このLF2と最も対照的なのが手術です。手術は人工的に顎の骨を切り貼りして筋肉や機能との力の均衡まで考えていませんから後戻りのリスクが未知数です。手術は後戻りしないと考えている方がいたらそうではないということを覚えていてください。 

後戻りについて上記のことをおさえたところで、この結果を考察してみますと、インビザラインはコンピュータ上でシュミレーションして歯並びを決めるので後戻りしやすいのは当たり前でしょうね。一方、ワイヤーを用いた治療はどのような方法で治療したかについては、この論文では述べられていませんでしたので不明ですがもしすべてのワイヤーを用いた矯正治療をLF2システムで治療していれば治療結果の維持力は飛躍的に高まったと考えます。

リテーナーはどれが戻りにくい?

矯正歯科治療が終了すると矯正歯科医は多くの種類の中からその患者さんに合ったリテーナーを処方します。矯正歯科治療後に後戻りが最も起こりやすい部位として下の前歯があり、下顎のリテーナーは特に気を使うところです。その選択は最初に来院したときの矯正治療上の問題点や患者さんの協力度、装置の清掃性、装置のコントロール性の間のバランスを考えてどのリテーナーがその患者さんに最適なのかを判断します。

たとえば取り外し式のリテーナーは清掃性が最も良いのですが、患者さん自身が取り外しを協力的に行っていただけない場合は治療結果のコントロール性に問題が生じます。一方、固定式のリテーナーは前歯の裏側に細いワイヤーを貼り付ける方法です。清掃性はどのリテーナーよりも難しくなる一方、後戻りのリスクを最小限に抑えます。このように、どのリテーナーが完璧だということはありません。

フィックスリテーナー(固定式リテーナー)

矯正治療が終了した患者さんの下顎に使用されるリテーナーには3種類あります。一つ目はフィックスリテーナーと呼ばれる前歯の裏側に細いワイヤーを貼り付けて固定するもので最も後戻りに対するコントロール力があります。歯の一つ一つにワイヤーを固定する方法が最もコントロールが利きますが清掃性は落ちます。

この固定式リテーナーは特に下あごの前歯は戻りやすいためできたら一生つけておくことが後戻りを最小限にするために望ましいとされています。

左右の犬歯だけにワイヤーを固定する方法は後戻りのリスクは上がりますが清掃性は良くなります。このように固定式のリテーナーは後戻りのコントロールが向上する一方でセルフケアが最も難しく歯石もつきやすくなりますので、定期的に矯正歯科医院でクリーニングとリテーナーのチェックを受けていつも清潔を保ちましょう。

伝統的な取り外し式のリテーナー

もうひとつのリテーナーは伝統的なリテーナーで、その開発者の名前を冠して”ホーレーリテーナー”や”ベッグリテーナー”と呼ばれています。これらは歯の表側にワイヤーが通り、内側をプラスチックで作ってあります。これらも協力度が十分ならばきちんと機能しますが、厚みがあり慣れるまでしゃべりにくかったり、表側のワイヤーが気になったりします。内側のプラスチックは色を変えることができ、多くはピンク色ですが緑や青など子供が使ってもらいやすくすることも可能です。

クリアリテーナー

3つ目のリテーナーは透明なクリアリテーナーです。透明な薄いプラスチックで矯正治療終了時の歯型を包み込んで作ります。これも取り外し式ですが、大きな違いは薄いこととワイヤーがないことで快適に使用できることです。さらに食いしばりや歯軋りに対してある程度防止する働きもあります。どちらの取り外し式のリテーナーも患者さんの協力度に大きく依存しますので指示されたとおりに使ってくださるようお願いします。

当クリックで使用する下顎のリテーナーは固定式リテーナーで、一つ一つの歯の裏側にワイヤーを固定する方法です。この方法ですと、後戻りのリスクを最小限に抑えることができ、矯正のチェックに来院していただいた際に歯石を取ったりクリーニングをすることで清掃性の維持が可能だからです。せっかく直したのに後戻ってしまっては矯正治療への投資が台無しになるだけでなく、とても悲しい気持ちになります。このことから当クリニックではコントロール性を重視した方法を採用しています。さらに夜間はこのフィックスリテーナーの上からクリアリテーナーも使用してもらい2重のリテーナーで後戻りを最小限にしています。また、当院独自の3年後戻り保証をつけることで少しでも患者さんに安心感を与えられることを期待しています。

リテーナーをしていても動いてきたと感じたら

矯正治療が終了して装置がはずれ、キレイなスマイルを手に入れたときはとてもうれしいものです。患者さん自身も治療に協力しながら長い期間をかけて治療してきたのですから喜びもひとしおです。患者さんも矯正歯科医も、その整った歯並びや顔立ちがこの先もずっと続いてくれることを望むものです。しかし現実問題、矯正治療結果はそのまま何の変化もないのでしょうか?

良い変化もある

矯正装置を外して一ヶ月もするとスマイルの印象はより健康に美しく変化します。理由の一つ目は歯ぐきが健康になっていくからです。矯正治療中はブラケットやワイヤーが歯に固定されていましたから歯磨きが難しかったのでプラークがたまりやすく歯茎がはれてくる傾向があります。

理由の二つ目は装置が外れて機能しだすと奥歯がより自然に噛んでくるからです。この機能による自然な微調整は前歯にも起きますが、奥歯の微妙な動きは通常気づかないものです。矯正治療終了後は後戻り防止のためのリテーナーを処方します。このリテーナーにはいくつかタイプがあり、患者さんにもっとも適切なリテーナーを矯正歯科医が選択して処方します。

理由の三つ目は悪習癖などが解消され生活習慣が安定し筋肉や骨が調和してくることです。例えば左右どちらかで噛む癖があった場合には唇の口角に左右差が現れるものですがそれが解消されてくるでしょう。

どうしても避けられない変化

一つ目は加齢による変化です。視力の低下や髪の生え際のように自然な老化による変化は避けられませんので、顔立ちや歯並びもそれに伴って変化してきます。

二つ目は成長が残っている場合は筋肉や骨格の変化とともに歯並びも変化してきます。そのため成長が止まるまではどのような歯並びや顔立ちが安定するのかを予測するのは難しいことがあります。

三つ目は生活習慣です。歯軋りをする方は歯の表面が磨り減ってかみ合わせへの影響や知覚過敏になりやすいですし、硬いものをよくかんで食べる習慣がある場合にはえらが張って噛みあわせが深くなってきます。頬杖や仕事時の姿勢も顔立ちや歯並びに影響してきます。舌の位置は後戻りの防止にも非常に大事で正しい舌の位置にないと舌が歯や骨を押して徐々に動いていきます。

後戻りに関してこれだけは知っておこう

もし避けられる変化を避けてなるべく矯正治療結果を維持したいなら、決められた使用期間以上に自発的に出来るだけリテーナーを使用し続けることと、指導された生活習慣を守ることです。加齢をはじめ後戻りが避けられない変化はありますが、特に下顎の前歯の固定式のリテーナーは一生つけておくなど後戻りを最小限にする工夫をしてリテーナー生活をがんばりましょう。

参考文献

  1. Invisalign and traditional orthodontic treatment postretention outcomes compared using the American Board of Orthodontics objective grading system. Kuncio D, Maganzini A, Shelton C, Freeman K. Angle Orthod. 2007 Sep;77(5):864-9.

関連記事

  1. 受け口の非外科矯正治療

    骨と歯に優しい矯正治療マッスル・ウィンズ法

  2. 空隙歯列弓の矯正治療

    前歯の隙間(すきっ歯)の矯正歯科治療

  3. ガム

    ガムを噛むことの良い影響と悪い影響

  4. MRI

    矯正歯科治療とMRI注意点まとめ

  5. 叢生の矯正治療

    歯の叢生(乱杭歯・八重歯)の矯正治療

  6. 口蓋にガムを押し付けている様子

    舌の正常な位置とトレーニング法 ~低位舌の改善~

PAGE TOP