睡眠時無呼吸症候群に対して矯正歯科医ができること

舌根沈下といびき

睡眠時無呼吸症候群とは

いびきをかいたり、いわゆる出っ歯で口を閉じて鼻呼吸することが難しい方などは睡眠時に呼吸が停止したり換気率が低下したりして深い眠りにつくことができず集中力が低下し日中眠くなる傾向があります。重度になるにしたがって睡眠中に1時間当たり呼吸が10秒以上停止する、または換気率が50%を切ることが頻繁に起きるようになります。これらの頻度が1時間に5回以上も起きたり一晩に30回も起こると睡眠時無呼吸症候群と診断されることが多くなるでしょう。いびきがすごいと言われる方は睡眠専門のクリニックで診察を受けてみてはいかがでしょうか。

最初に述べましたように睡眠時に無呼吸が頻繁に起こることのデメリットは日中眠くなる、集中力が低下する以外にも免疫力が低下する、高血圧や肥満、糖尿病など生活習慣病に罹患しやすいことが挙げられます。

睡眠時無呼吸症候群の原因

小児期では扁桃腺が腫れたり、アデノイドと呼ばれる喉のリンパ腺の肥大が気道閉塞のリスク要因となっています。逆に年を取ってくると喉や舌の筋力の低下で気道が妨げられていびきをかきやすくなるため加齢自体がリスク要因となります。また、下の顎が小さいいわゆる顎なしだったり出っ歯や肥満体質で首回りに脂肪がついている方も気道を狭める要因となりますので注意が必要です。睡眠時無呼吸症候群は男性の方が多いといわれますが女性の無呼吸も少なくないことが報告されています。

このように睡眠時無呼吸症候群は気道の閉塞が起きることが原因です。中には中枢からの呼吸指令が止まる難しい原因もありますが大多数は物理的な気道の閉塞によって起こります。

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群の治療にはCPAPという方法が一般的です。CPAPはマスクを睡眠時に着用して空気を送り込むことで気道の閉塞に対処する方法です。CPAPは睡眠専門のクリニックで治療が受けられます。他の方法として代表的な処方はスリープスプリントと言われる睡眠時に下顎を前方へ引き出す位置に固定するマウスピースを使用する方法があります。スリープスプリントは睡眠専門クリニックから紹介を受けた歯科医院で作ってもらえます。

矯正歯科医ができること

いびきは睡眠時無呼吸症候群の兆候

いびきをかくなどの兆候が見られた時にはまず下顎が小さくないかを確認してみてください。もし小さい場合には下顎を前方へ移動させた位置で骨を適応させる治療が有効です。特に成長期では習慣的な力に対して骨の適応が早く起こるため成人と比べて有利です。

扁桃腺が腫れてないか?

他には、口を大きく開けてもらって扁桃腺が肥大していないかを見てください。過剰に肥大している場合には耳鼻科を受診してみることをお勧めします。また、アデノイドは小児期には肥大していることが矯正治療に使用する頭部のレントゲン写真で観察されますが、通常気道の問題は起きません。小児矯正においてアデノイドが非常に肥大していびきなどの兆候がある場合には矯正治療と並行して耳鼻科受診を勧めております。

下あごが小さい場合

成人で下顎が小さい場合、昔は顎骨の骨切り手術を行うこともありましたが現在はほとんど行われることはありません。理由は下顎を前方へ出す骨切り手術はのどの筋肉に引っ張られ後戻りのリスクが高い術式のため、せっかくリスクの高い全身麻酔下の手術をしても後戻りによりいびきが再発することも少なくないからです。骨切り手術ではなく矯正治療のみで下顎が小さい方ののどの筋肉(舌骨筋群)のストレッチ指導と正常な舌の位置と鼻呼吸の確立、下顎が前方で適応する位置での咬み合わせを作ることで平均顔に近づくだけでなくいびきの改善に役立つことがあります。

この治療はいわゆる”あごなし”の顔立ちにお悩みの方に施すことが多いのですが、副次的な効果としていびきの改善がみられることがあります。Youtube動画にしてありますのでよかったら咬み合わせだけでなく顔の変化を見てみてください。

この治療を行った場合、寝るときには透明な薄手のマウスピースを下顎を前方位で上下固定したスリープスプリントをリテーナーとして処方します(Jaw Retainer)。加齢でのどの筋肉が衰えることを防ぐには舌筋を鍛えて舌を正常な位置に持ち上げるトレーニングを行うことが簡単かつ有効です。舌筋を鍛えることで睡眠時に舌の奥(舌根)が気道へ沈下することを予防するからです。

口腔内を広げる

成人でも上顎骨から広げる方法が可能になっています。それが矯正用アンカースクリューで急速拡大装置を固定し拡大していく方法です。当院ではいびきで悩んでいる方を矯正治療する際にはこの成人用急速拡大装置の使用を考慮します。これは舌を収める口腔内容積を広げることで舌根が気道の方にいかないようにするためです。

まとめ

  • 睡眠時無呼吸症候群ではいびきや日中の眠気、生活習慣病にかかりやすくなる
  • 扁桃腺肥大やアデノイド、小さな下顎、肥満、加齢で起きやすい
  • 治療にはCPAPやスリープスプリントが一般的だが矯正歯科治療や舌位のトレーニングも改善や予防に効果的

関連記事

  1. 顎間ゴム・クラスⅢ

    矯正歯科で使われる顎間ゴムとかけ方

  2. 固定式リテーナー・フィックス

    矯正治療の後戻りについて

  3. 顎のシワの原因・オトガイ筋の緊張

    顎に梅干しシワができる原因と治療について

  4. 歯列矯正

    矯正歯科治療を早く終わらせる3つの方法と注意点

  5. 抜歯した部位を隠すシェル

    抜歯矯正の必要性と抜歯後の隙間について

  6. 矯正中の歯磨き

    矯正歯科治療中の歯磨き5つの方法

PAGE TOP