矯正装置(ブラケット)の種類と歯への接着

デイモン セラミックブラケット

ブラケットとはワイヤーを通すために歯の一本一本に矯正用接着剤でつける小さな装置です。ワイヤーとブラケットを用いて矯正歯科医は歯のがたがた(叢生)、八重歯、出っ歯、受け口、すきっ歯、深いかみ合わせや開咬などの歯列不正をはじめスマイルと顔立ちを整え直していきます。ブラケットにはいくつか種類があり、それぞれ独特な機能や審美性を持っています。

メタルブラケット

金属で作られ耐久性に優れた比較的小さなブラケットです。ワイヤーを使った矯正といえば銀色の装置をイメージする方もいるかと思いますが、現在は前歯は透明で目立たないブラケット(後述)を使用し、銀色のメタルブラケットは奥歯だけに使用されることが多いです。歯に矯正用接着剤で直接くっつけることもできますが、歯の周りにスチールのバンドを巻く場合にはバンドにつけて使用されることもあります。

リンガルブラケット/裏側矯正装置

表側につける矯正装置は人に気づかれるから避けたいという方にはいくつか見えにくい審美的なブラケットの選択肢があります。リンガルブラケットは裏側矯正で使用される装置でメタルブラケットを歯の裏側につけます。このため笑ったときでも表側からは人に気づかれることは少ないでしょう。最近では一人一人の歯一つ一つに合ったオーダーメイドのリンガルブラケット作製やロボット技術を応用して治療する裏側矯正システムも実現しています。裏側矯正は人に気づかれないというメリットがある一方、発音に支障があることや舌に当たることが大きなデメリットでブラケットが進化しても依然として残っています。

クリア・セラミック・ジルコニアブラケット

これらの透明か乳白色の目立たないブラケットは歯の表側につけますがメタルブラケットと異なり見た目の審美性が大幅に向上しています。裏側矯正と比較すると、これら透明なブラケットにホワイトワイヤーを組み合わせた治療は見た目に目立たないだけでなく発音の問題や舌に当たるといった裏側矯正のデメリットが解消されます。治療スピードに関してもセルフライゲーションブラケット(後述)と組み合わせると特に初期の叢生を治療するときに体感できるほどの治療スピードの違いがあります。

マウスピース型矯正装置

透明な熱可塑性のプラスチック材でできた透明な板をはめて矯正する方法でブラケットをつけることによる不快感を避けたい方に人気です。マウスピース矯正とも呼ばれています。軽度の不正咬合、例えば前歯の隙間やちょっとしたがたがたに適応で、噛み合せが前後左右にずれていたり重度の不正咬合には適応ではありません。重度の場合には何十枚という透明な板を交換しなくてはならなくなり時間がかかりすぎることと、治療の途中で最初の治療シュミレーションとズレが生じ再度型取りして再診断する『再クリンチェック』が発生しやすいこと、リンガルブラケットなど上記のブラケットのいずれかと併用して治療する確率が高くなり身体的にも負担が大きいです。

マウスピース矯正の一つ”インビザライン”は透明な板を食事や歯磨きのときは外し、装置を洗浄したらまたすぐ付け直し、2週間ごとに新しい透明な板を自分で取り外しして治療していくのでサボると後戻りをすぐ起こして次の透明な板が入らなくなって治療が進まないといった事態になります。実はインビザラインなどのマウスピース矯正は患者さん自身がしっかりとした矯正治療に対する意志がないと難しい治療法なのです。

セルフライゲーションブラケット

 

従来の矯正治療はブラケットとワイヤーを細い針金などで縛ってワイヤーとブラケットの間の摩擦が大きかったのでその摩擦を超える力を働かせないと1本の歯を動かせませんでした。その結果しばしば適正な矯正力を大きく超えてしまう力をかけて歯の周りの組織が壊死し歯が動くスピードが遅かったのです。

この摩擦の問題を解消したのがセルフライゲーションブラケットです。ワイヤーを縛る代わりに蓋やクリップでワイヤーをブラケットの溝にはめることで摩擦が大きく減少したのです。当クリニックで採用しているLow force & Low friction(LF2)システムもこのセルフライゲーションブラケットを使用しています。セルフライゲーションブラケットはメタルブラケットにもセラミックブラケットにもあります。現在、審美性が大きく改善され、セルフライゲーションブラケットは蓋もセラミックで作られたものも出てきました(DAMON CLEAR デイモンクリア)。

ブラケットを付けたら

どんなブラケットを使っても矯正治療中のケアは重要です。矯正治療中の歯磨きは通常の歯ブラシの他に、ワンタフトブラシという筆のような歯ブラシをうまく使って食べかすやプラークが残らないようにきれいに歯磨きをすることやアメや氷など硬いものをガリガリ咬まないことはブラケットをつけたら守っていただく必要があります。歯石が付いていないかやブラケットが外れていないかを調整時にチェックすることで矯正治療をスムーズに進めることができます。

矯正装置(ブラケット)の歯への接着

歯根の方向の確認

マウスピース矯正は別ですが、ワイヤーで矯正する場合、矯正歯科医が一つ一つの歯に矯正装置(ブラケット)をつけ、それらのブラケットの溝にワイヤーを通します。ブラケットを歯につける作業は外科処置ではないので痛くないですしもちろん注射や麻酔も必要ありません。ブラケットを歯につける前に矯正歯科医はエックス線写真も参考にし歯根の方向をチェックすることもあります。熟練した矯正歯科医なら口の中だけでも歯根の方向はある程度分かりますがレントゲンもあるとよりわかりやすいためです。

エックス線写真とともに模型も参考にしてブラケットをつけていきます。通常見ることが出来ない口の奥から歯並びを観察したり、じっくりと歯の形などを見ることが出来ます。模型を詳細に観察することで正確なブラケットの位置を事前にシュミレーションすることが出来ます。

歯のクリーニング

ブラケットをつける処置に入る前に歯を研磨剤入りペーストを使って歯のクリーニングをします。歯石がある場合には取り除き乾燥させます。唇や頬が歯と密着して湿ってしまうのを防ぐためにリップリトラクターという口を開く輪っかのような器具を使用します。同時にリップリトラクターはブラケットをつける際に使用する薬剤で軟組織がダメージを受けてしまうのを防ぎます。

もし口腔内検査やエックス写真上でむし歯が確認された場合にはブラケットをつける前に治療してもらってください。矯正治療にでむし歯が深くなって治療するとその部位のブラケットを外す必要が出てきたりして治療が遅れるからです。

酸で表面処理(エッチング)

歯の洗浄・乾燥が終わったらエッチングという処置に入ります。これはリン酸を歯の表面に着けてエナメル質の表面を粗くすることで強力な接着力を得るためです。リン酸を使用するとエナメル質に対して強力な接着力を発揮しますので治療中に装置が外れにくくなります。

歯を乾燥させる

エッチングが終わったら、さらによく洗浄・乾燥させた後に、接着用の樹脂を歯の表面及びブラケットに盛って一つ一つの歯に接着していきます。乾燥していないとブラケットが歯に接着しないので入念に乾燥させます。この矯正歯科で使用される接着用樹脂は歯の色と同じ白や透明のものがほとんどなので接着材が見えるという事はありません。

ブラケットを外す(デボンディング)

矯正歯科治療で2年程度かけて直した後は、矯正装置を外す時がやってきます。どのようにして矯正歯科医がブラケットやワイヤーを外すのかを知っておくことで一定の心構えができれば幸いです。ワイヤーとブラケットを外す処置のことをデボンディングといいますが、装置をつける処置と比べてデボンディング処置は簡単で短時間に終わります。

デボンディングの方法

デボンディングの方法にはワイヤーとブラケットを一緒に外してしまう方法と、ワイヤーをまず外してからブラケットを一個一個外していく方法があります。これらの違いは、やわらかいワイヤーが入っている場合には一緒に外しても歯へ無理な衝撃が加わることはないのですが、硬く太いワイヤーが入っているときには衝撃を避けるためにワイヤーを外してから一つ一つデボンディングします。

ワイヤーを外す

デボンディングの手順はブラケットをつける手順と逆になります。そのためワイヤーを留めているゴムや針金を矯正用のカッターで切ったりフックのついた器具で外していきます。セルフライゲーションブラケットの場合にはワイヤーを留めているカバーを開けていきます。このようにワイヤーが取り出せる状態となったら矯正用プライヤー(ペンチのような器具)でワイヤーをつかんでブラケットの溝からゆっくりと外していきます。

ブラケットと臼歯バンドの除去

ブラケットを歯につけている矯正用接着剤はある一定の力がかかると外れるようになっていますので、デボンディング用のプライヤーを使用してブラケットをつまんで接着剤に圧力をかけてブラケットをはがしていきます。はがすとき、プライヤーは接着剤とブラケットの間に入ってはがしていきますのでこの時点では接着剤の残りが歯の表面についています。臼歯にバンドを巻いている場合にはバンドを除去するためのプライヤーで外しますが、バンドがついている臼歯を軸にしてテコのように外していきますので少し不快かもしれません。

接着剤の除去とクリーニング

高速で回転するエンジンで残った接着剤を落とした後、ブラシで歯の表面を磨いていきます。エンジンとともに除去用のプライヤーを使用することもありますが、これもバンド除去用のプライヤーと一緒で歯を軸に力をかけるので不快です。この事を考慮し、当クリニックではエンジンを主に使用し患者さんにとって少しでも快適なデボンディング処置が出来るようにしています。歯の表面をキレイに磨く処置は通常の歯のクリーニングと一緒です。歯石があればとりますし着色があればそれも落とします。

リテーナーと資料取り

デボンディングが終わったら矯正歯科医は取り外し式または固定式のリテーナーの説明をします。長い間まっすぐできれいな歯並びを保つためにリテーナーをしっかりと矯正歯科医の指示通りに使用してもらうことが重要です。固定式のリテーナーは特に下顎前歯はできたら一生付けておくことを推奨いたします。また、矯正歯科治療の変化をより詳しく分析するために歯型、写真、レントゲンなどの最終資料を取ります。

関連記事

  1. 下顎を前方移動させ筋肉・神経系を適応させた矯正治療

    顎が小さい出っ歯の矯正歯科治療

  2. 下顎の歪みを改善した矯正治療

    顎の歪みと口角の傾きを改善しフェイスラインを整える

  3. 口唇と舌のバランスの取れた位置に歯を並べる

    筋肉のバランスのとれた位置に歯を並べる矯正歯科治療

  4. 美容矯正歯科治療

    顔の審美性について

  5. 渡ったときに片方の歯茎だけが見えるカント

    スマイルの美の基準と傾いたスマイルの治療

  6. 成人用急速拡大装置(スクリュータイプ)

    新しい急速拡大装置は成人でも骨から拡大できる

PAGE TOP