矯正歯科治療とMRI注意点まとめ

MRI

事故や検査などで頭部のMRIを取る機会があると思います。その時に口の中にワイヤーやリテーナーが入っていたらどのような影響があるのでしょうか?

MRIの矯正装置への影響

MRIは強力な磁石を使用していますので原則として鉄などの磁石にくっつく金属(磁性体)があると以下の3つの問題が起こる可能性があります。

  1. 動く
  2. 熱くなる
  3. 画像が歪む

脳腫瘍や交通事故など重大な頭部のMRI撮影では上記の理由でステンレス製のワイヤーなどを外すことがあります。胸部や足など頭部以外の撮影ではMRIを取る現場の専門家に任せていますが装置までを外す必要は通常ありません。

動く

ステンレスのワイヤーが入っているとワイヤーがずれて頬に刺ささることが考えられます。当院ではワイヤーを固定しないLF2システムで治療をしているためワイヤーが動くことが考えられますのでMRIを撮影する前にワイヤーを外して撮影が終わったらワイヤーを戻すようにしています。

発熱する

ステンレス製のワイヤーや金属の矯正装置が熱くなり触れている頬や唇の裏などが熱を感じることがあります。

画像が歪む

鉄などの磁性体金属に強く影響を受けるためその周囲が広くアーティファクトという不明瞭な画像になってしまいます。見たい部位が全く見えないリスクが高まります。

固定式のリテーナーは?

当院では固定式リテーナー(フィックスリテーナー)である細いワイヤーを前歯の裏に貼り付けますがこれを外してMRIを取ったことはありません。骨髄の免疫系の治療をしていて感染のリスクがあった方だけ先方の病院で外されましたが非常に特殊で命にかかわる病気だったからです。この固定式リテーナーは死ぬまで付けていることもあるくらい有効な後戻り防止装置ですので外す場合は、ある程度の後戻りは覚悟せねばなりません。

まとめ

金属の矯正装置やリテーナー(後戻り防止装置)などが口の中に入っている方は頭部MRIを取るときには重大な病気やケガでは外す必要もある。通常の人間ドックでは使用している金属の組成にもよるが外すことは非常に稀。MRIの磁力で考えられる注意点として①ワイヤーが動く②金属の装置が発熱する③画像が歪んだりアーティファクトが出るの3つのリスクがある。フィックスリテーナーは通常外さない。

関連記事

  1. 叢生の矯正治療

    歯の叢生(乱杭歯・八重歯)の矯正治療

  2. 成人用急速拡大装置(スクリュータイプ)

    新しい急速拡大装置は成人でも骨から拡大できる

  3. 空隙歯列弓の矯正治療

    前歯の隙間(すきっ歯)の矯正歯科治療

  4. 床矯正装置・拡大床

    床矯正とは?床矯正だけで治るの?

  5. 金合金製の裏側矯正装置

    金属アレルギー患者さんのための矯正歯科治療

  6. 矯正治療

    成人でも矯正治療ができる ~子供と成人矯正の違い~

PAGE TOP