新しい急速拡大装置は成人でも骨から拡大できる

成人用急速拡大装置(スクリュータイプ)

拡大装置の分類

矯正治療で使われる拡大装置にはゆっくり広げるタイプと2週間程度で一気に骨から広げる2種類があります。ゆっくり広げるタイプは緩徐拡大装置といって取り外し式のものや左右の臼歯を太めの針金でつないで広げる固定式のものがあります。

一方、急速拡大装置は朝晩自分で万力のようなエキスパンダーをまわして2週間程度で骨ごと広げる装置です。従来の急速拡大装置は18歳くらいまでなら歯を固定源として歯に力を負担させても上顎の骨が真ん中から割れて広げることができます。ただ、この従来の方法には欠点があって歯だけに強大な力を負担させるために負担している歯の歯根に健康な矯正力がかけられないということがあります。

新しい急速拡大装置の登場

従来の急速拡大の欠点である

  1. 成人では上顎の骨を割って広げることができない
  2. 歯に強烈な力をかけてしまう

この2点の欠点を解消する新しい急速拡大法がよく使用されるようになってきています。この新しい急速拡大法は装置を歯に固定するのではなく左右の上顎の骨に固定してエキスパンダーで広げていく方法です。どうやって固定するかといえば写真のように4本の矯正用ミニスクリューという治療期間だけ使用する小さなチタン製ネジがあるのですがそれを使って急速拡大装置を上顎の天井(口蓋)に止めるのです。

ミニスクリューで固定して上顎を広げることで何歳の成人でも骨から広がりますし歯に過大な負担を求めることがなくなりました。さらに、2週間後に広げ終わった後は横のサポート的につけてある針金と歯に回したバンド装置を外して真ん中のエキスパンダーだけを残すこともできます。こうすることで裏側矯正装置も同時に装着することができるようになるのです。

通常、急速拡大で骨から広げた場合は真ん中の割ったところに骨が再度できてくるまでの治癒期間が必要で短くて3か月余裕をもって1年程度です。このネジで止める最新の急速拡大装置を用いることで治癒期間の間もワイヤーで歯を並べていくことができて時間のロスがなくなり大変効率の良い治療が可能となりました。

いびき治療への応用

また、最近この装置があってよかったなと感じているのは『いびき』をかく成人患者さんに使用してあげることができるようになったことです。いびきで睡眠が浅くなり次の日も疲れが取れない頭がはっきりさえないという睡眠時無呼吸症候群のような症状が起こりますのでこの装置の併用で舌が収まるスペースを広げ気道を確保することができます。そのほかにも従来の装置で歯だけ拡大すると顔が伸びてしまう患者さんや重度の上顎歯列狭窄の患者さんにも気軽に使用できるようになり私の治療の幅もさらに広がりました。

関連記事

  1. 空隙歯列弓の矯正治療

    前歯の隙間(すきっ歯)の矯正歯科治療

  2. 舌根沈下といびき

    睡眠時無呼吸症候群に対して矯正歯科医ができること

  3. 矯正治療

    成人でも矯正治療ができる ~子供と成人矯正の違い~

  4. 顎間ゴム・クラスⅢ

    矯正歯科で使われる顎間ゴムとかけ方

  5. 受け口の非外科矯正治療

    受け口の低侵襲の優しい矯正歯科治療

  6. 美容矯正歯科治療

    顔の審美性について

PAGE TOP