顎が小さい出っ歯の矯正歯科治療

下顎を前方移動させ筋肉・神経系を適応させた矯正治療

出っ歯の特徴

出っ歯とは上の前歯が下の前歯と比べて前方に突出している状態で上顎前突とか2級不正咬合と呼ばれたりもします。出っ歯の方の顔立ちは下の前歯が上の前歯よりもかなり引っ込んでいます。重度の出っ歯は小児期にはからかいの対象となりやすいため、子供の心理面からも早期に治療をすることをおすすめします。出っ歯は前方に出ている上の前歯が下顎の前歯と正常な接触をしていないためスポーツなどでぶつけたり転んだりして前歯が欠ける歯が抜けるなどの怪我しやすくなります。統計的に上の前歯が下の前歯よりも6mm以上出ていると12歳までに約75%のこどもが前歯に怪我をするといわれています。逆に上の前歯に怪我が多い子供は奥歯(臼歯)の咬み合わせがよくなかったり、上下の顎の位置関係に異常があるのではないかと思われます。

出っ歯の歯並びの特徴として、奥歯が通常上の臼歯が下の臼歯よりも前にきている(2級関係)、上下顎の不調和、前歯が前方へ傾斜している、下顎の歯に先天欠如がある、その他叢生(乱杭歯)、正中離開、八重歯、重度の上顎前突症例になると鋏状咬合(上下の奥歯が当たらないですれ違う咬合のこと)などがあります。6歳前後に前歯と臼歯が生えてきますからこの時点で重大な問題がないか一度、矯正歯科専門医に診てもらってください。

出っ歯を治したほうがよい理由

出っ歯を治療すると、

  • 前歯の正常な機能が得られる
  • 前歯の怪我がしにくくなる
  • 笑顔や顔立ちなど美容面で魅力的になる
  • 口が閉じやすくなり口呼吸を改善できる
  • 乾燥しにくくなるため歯ぐきが健康になる 

出っ歯の原因と治療法

出っ歯になる主な原因は、小児期に親指などの指しゃぶりの癖が長く続いたり、叢生(乱食歯)がある場合や、下の顎の骨が小さかったりして上の前歯の突出が目立って出っ歯になります。
指しゃぶりがある場合には取り外しの床矯正装置で指が入らないようにしたり、指しゃぶり防止専用の苦味成分を爪に塗って指しゃぶりを思いとどまらせたりしていきます。

下顎を前に出す機能矯正装置の処方

下の顎を前方で機能させる必要があるときには、小児期ではツインブロック装置などの機能的矯正装置で治療していきます。ツインブロック矯正装置は下の顎を前方へ移動させそこで機能させて上と下の前歯のギャップをなくすために使います。第二次成長期に使用すると成長期の旺盛な新陳代謝が利用できるため、ちゃんと使ってくれる子供では良好な結果が出やすいです。

遺伝的に異常が見られる場合は顔を見れば分かりますがほとんどの方は正常範囲の遺伝子を持っています。手術は遺伝子に異常がある方、もしくは顔立ちを大きく変えたい方に最適ですが、自分の顔立ちを生かしながら平均顔に近づけたいもしくは手術は避けたいとお考えの方は手術は必要ありません。

さまざまな矯正補助装置の併用

大人の矯正治療ではワイヤーや医療用ゴムバンド(エラスティクス)などを併用して治療します。抜歯や矯正用ミニインプラントが必要になるケースもあります。
目立たない矯正治療を希望される方は、白いワイヤーや透明な装置、裏側矯正、マウスピース矯正(インビザライン)などで治療が可能です。出っ歯を引っ込めるために抜歯が必要な場合にはマウスピース矯正は基本的に向きませんので、白いワイヤーと透明な矯正装置で治療するか裏側矯正での治療になります。

頸部筋・咀嚼筋の緊張具合のコントロール

また、顔立ちの改善や術後の安定性を得るため、小児でも成人でも出っ歯を引き起こしている咀嚼筋や舌骨筋群などの緊張具合を改善する筋トレーニングとの併用も有効です。成人でも下あごの位置を変え筋・神経を適応させるといわゆる“あごなし”を非外科の矯正治療で改善することができます。

小臼歯を抜歯して治療する

下あごの位置が平均的な位置にあって上の歯だけが滑り台の様に出ているタイプの出っ歯は抜歯矯正が必要なことも少なくありません。抜歯すると必ず口元が下がるため、口元の突出で悩んでいる方であれば有利な治療となります。抜歯する歯は多くは第一小臼歯で犬歯の一つ後ろにあります。治療方針で第二小臼歯が抜歯されることもあります。

出っ歯の矯正治療症例

術前(ビフォー)

  

この方は上の前歯が出ている(いわゆる出っ歯)ことが気になるとのことで矯正治療を受診されました。前後的なギャップが大きく、口も閉じにくいとのことでした。前歯に多少のガタガタも見られます。奥歯のかみ合わせも全体に前に出ています。

術後(アフター)

  

上の歯が引っ込み、まっすぐに美しい歯並びになりました。奥歯のかみ合わせも正常なかみ合わせになって、患者さんは大変満足されています。

下顎がない顔立ちを非外科の矯正治療で改善

下顎がないいわゆる”あごなし”の顔立ちは見た目の問題とともに気道が狭くなる傾向があるため夜間のいびきや睡眠時無呼吸症候群のリスクを高める要因になっています。また、下顎の発達は意志の強さの表現でもあるので男性で顎がないとかなり気にする方もおります。また、夜間にいびきや呼吸が止まる回数が増えると日中に眠くなり仕事に差し支えることもあります。

下顎を前に出す手術の後戻りリスク

人工的に大きく下あごを前に出したい場合は下あごを手術で骨を切って前に移動させることも有効でしょうが、この下あごを前に移動させる外科手術は筋肉に引っ張られて顎の関節が吸収して後戻りしやすいというリスクがかなり高い手術です。私は下あごがない子供でも成人でも原因となっている筋肉と神経の適応を図り骨、関節を適応させる矯正治療を行っています。

実際の治療 30代男性

術前(ビフォー)

術前では首から顎にかけて輪郭がはっきりとしていません。いわゆるアゴナシの状態です。口元は突出感が強いのがわかります。咬み合わせは上下とも前方に突出している上下顎前突という咬合です。

術後(アフター)

術後ではあごや首の輪郭がはっきりとしており下顎が前に出て”顎がある”のがわかります。正面や横から見て口元の突出感がなくなり平均顔な口元の審美性が現れています。当然、咬み合わせは正常で1本に対して2本上下で噛んでいるのがわかります。

舌骨筋群のトレーニング(ストレッチ)を併用しながら徐々に下顎の位置を変えていきました。手術で前に出す治療とは異なり、本治療は顎関節の骨適応が年単位でゆっくりと起こることを期待します。また、この方は抗酸化や抗糖化などの抗加齢医学知識を生活習慣で実践していましたが、歯の動きや筋・神経・骨の適応が成功した要因と思います。ちなみに、この治療が成功すると外科手術と異なり下あごは後ろには戻りにくく、むしろ新しい顎の位置で問題なく落ち着いている状態になります。夜間は下顎を前方に位置させ首・のどの筋肉が緊張してこないよう、また気道を広げいびきや睡眠時無呼吸症候群にならないよう特別なリテーナー(Jaw リテーナー)を使用します。

まとめ

成長期の子供はもちろん成人でも原因となっている筋肉のバランスをコントロールすることで手術せずに下顎がない状態を安定して改善することができる。

矯正治療のリスクについて ※費用について

関連記事

  1. 舌根沈下といびき

    睡眠時無呼吸症候群に対して矯正歯科医ができること

  2. 成人用急速拡大装置(スクリュータイプ)

    新しい急速拡大装置は成人でも骨から拡大できる

  3. 空隙歯列弓の矯正治療

    前歯の隙間(すきっ歯)の矯正歯科治療

  4. マウスピース矯正装置 インビザライン

    インビザライン(マウスピース矯正)について知っておくべき5つ…

  5. ガミースマイル矯正治療

    顎を移動させ顔を短くし顎を前に出しガミースマイルを治した症例…

  6. エラが張っている顔の矯正治療

    エラが張って下顎が出ている顔だちを矯正治療で改善した症例

PAGE TOP