口元の老化と抗加齢医学

口元の老化

抗加齢医学(Anti-aging medicine)は新しい学問で科学知識を自ら実践するエキサイティングな学問です。矯正歯科治療でも歯の移動をはじめ歯槽骨や表情筋・咀嚼筋、顎の骨や顎関節の適応変化がありますが、治療スピードは細胞が若く維持されているほど速くスムーズになります。年齢以上に不要な老化を抑えるための基本はまず食事・運動・睡眠・メンタルの生活習慣の改善です。生活習慣は一卵性双生児であってもその遺伝子の状態を変え顔かたちまで変えていきます。たとえ双子であっても生活習慣によって見た目や寿命までも変わっていくことが知られています。

見た目が若い方が長生きする

見た目が若い方が長生きする

矯正歯科における抗加齢医学の応用

日々新しい知見が論文にされる抗加齢医学に基づいて食事やサプリメントのアドバイス、口元のハリや頬の”こけ”、たるみ改善のスマイルトレーニング、表情筋トレーニングをはじめとした顔や矯正歯科に関連した低侵襲な抗加齢医療を当院では提供いたします。当院で矯正歯科治療を受診されたことのある患者さんに求めに応じてアドバイスしております。すべて医学論文に基づいて肌や髪の毛、長寿をはじめ口腔内から体重にいたるまでさまざまな老化に関する疑問に対して記事にしています。また、細胞のガン化は老化の原因である活性酸素によるDNA変異の長年の結果であり、老化細胞の一つの行きつく先になります。当院で癌対策に貢献できることとして口腔癌を早期発見すべく低侵襲な口腔癌検査である細胞診検査(LBC法)も行なっております。気になる部位がある方はお気軽にご連絡ください。こちらはどなたでも受けられる検査になります。

口周りの老化

ほうれい線をはじめ顔の鼻から下は老化による変化を感じやすい部位です。ほうれい線の他に、鼻の下が伸びたり口角から下に下がるマリオネットラインと呼ばれるシワや唇の形態にも変化が現れます。この記事では唇の老化とその防止について解説します。

唇の形

若いころの唇は立体感があり鼻の下の人中(鼻の下の溝のこと)も明瞭で、いわゆるキューピッドボウ(天使の弓)状になっています。老化により顔の鼻から下の皮膚中のコラーゲン繊維や弾性繊維の変性・減少や筋肉、皮下脂肪が弱ったり減少していきます。

それに対して老化した口元は、人中が薄くなりのっぺりとした感じになります。それに伴い上唇のキューピッドボウの凹凸がなくなってきます。また、唇を引き上げる表情筋や弾性繊維の衰えから重力に抗しきれず鼻の下が伸び上唇、下唇ともに垂れて皮下脂肪の減少も加わって唇がうすくなります。何らかの原因で前歯が喪失し、歯槽骨が痩せている場合にはこの傾向が強まります。

口角は下がる傾向にあり、皮膚や表情筋のたるみだけでなく歯周病などによる奥歯の喪失や経年的な奥歯の摩耗による咬み合わせの高さの減少により下顔面がつぶれたようになり口角が下がりマリオネットラインが現れてきます。そのため唇の幅が増して横長になってきます。

口元の老化防止

 

まず最初にアンチエイジング的な生活習慣をまず守ることです。長寿を実現する食事・運動・睡眠・スマイルの積み重ねの老化防止への効果は計り知れません。皮膚の老化防止の基本として紫外線による光老化を抑えるため日傘やつば付帽子の着用、日焼け止めやファンデーションの活用があります。また、紫外線による活性酸素を抑えたりコラーゲン産生にも有効なビタミンCを摂取することもおすすめです。美白化粧品を過度に使用するとメラニン色素が抜けてしまい紫外線の老化作用を増強してしまいますのでご注意ください。右の写真は New England Journal of Medicine に発表されたトラック運転手の顔です。習慣的に左側だけ紫外線に当たっていたため顔の左半分だけが年齢以上にに老化しているのが分かります。

ボタンプル法などで口輪筋や上唇挙筋など表情筋を鍛えることは口元を引き締める効果があり、顔のたるみ改善が期待できます。2013年の日本矯正歯科学会で拝見したポスター発表で口輪筋トレーニングをやめると1週間程度で元の筋力に戻ってしまうと報告しているものもありましたが、経験的にも表情筋や咀嚼筋トレーニングを行う時には毎日継続して行うことを強くお勧めします。

奥歯の摩耗や喪失による下顔面のつぶれ防止には、摩耗した奥歯に樹脂(レジン)を添加して高さを回復することや入れ歯などで奥歯がないままにしないことです。咬む回数が多すぎたりグミなど咬みごたえのある食べ物を好む方は咬筋が発達し奥歯の摩耗も速いので前歯のかみ合わせが深い場合には注意した方が良いでしょう。これらに加えて矯正歯科治療の活用も効果的です。

口元が引っ込みすぎると老人様の顔になってきます。前歯の喪失もそうですが矯正歯科で口元の審美性への影響を考えずに不用意に抜歯矯正を行うと引っ込みすぎてしまい人工的な老人様顔貌を表現してしまいます。そのため矯正歯科治療で抜歯矯正をする際には顔立ちの審美性を必ず考慮する必要があるのです。したがいまして歯周病や打撲事故による歯の喪失に気を付け、ガタガタがあるなら手入れのしやすい歯並びに矯正することも長期的に老人様顔貌を防ぐ老化防止となります。

まとめ

  • 若いころは唇の形はキューピッドボウと形容される凹凸のはっきりした形をしている
  • 老化で凹凸は薄れ唇は高さが減少し幅が広くなる
  • 口元の老化防止には健康な生活習慣をベースに紫外線対策、ビタミンC摂取、表情筋トレーニング、かみ合わせのケアに気を付ける

参考文献

  1.  New England Journal of Medicine

関連記事

  1. エラが張っている顔の矯正治療

    エラが張って下顎が出ている顔だちを矯正治療で改善した症例

  2. 通常ない骨隆起がある江戸時代の人骨

    持続的な弱い力は顔の骨を変える

  3. スマイル女性・トップ画像

    笑顔と見た目が持つ社会的に得する効果

  4. 美容矯正歯科治療

    顔の審美性について

  5. 口蓋にガムを押し付けている様子

    舌の正常な位置とトレーニング法 ~低位舌の改善~

  6. 渡ったときに片方の歯茎だけが見えるカント

    スマイルの美の基準と傾いたスマイルの治療

PAGE TOP