さまざまな小児矯正装置

下あごを前に出す床矯正装置・ツインブロック

よく使われる小児矯正装置

小児期の矯正治療では主に取り外しの装置を使用することが多いです。成長期の子供は成長とともに顔立ちや顎、歯並び、生え変わりなど短期間での変化が大きいためにどれかひとつの装置で解決するわけではありません。矯正歯科医の治療方針や判断で新しい装置を入れることもあります。当クリニックではすべての患者さんの顔立ちとスマイルを好ましい印象に仕上げるために小児矯正治療でも筋肉や機能を矯正力として利用できる装置を多く使用します。それでは当クリニックで使用する主な装置をご紹介します。

拡大床

顎が狭い場合に歯列を広げるために使用する装置です。装置の中央にネジがあり、それを回すことによってゆっくりと広がっていきます。このタイプの拡大装置はゆっくりと広げる装置で痛みが少なくコントロールもしやすい安全な装置です。

ジャンピングプレート

下あごが引っ込んでいる場合に使用する装置で上あごにはめて使用します。装置の下の前歯が当たる部分が滑り台のようになっているため下の前歯をガイドし、下あごが前に位置しやすくなります。軽度の上顎前突の子供に使用します。

ツインブロック

  

下あごが引っ込んでいる印象のいわゆる出っ歯の小児患者さんに使用する装置です。これは上あごと下あごの両方に装着します。奥歯のところが滑り台のように斜めにカットされているため顎を閉じるたびに下あごが前にガイドされて滑っていきます。重度の上顎前突の小児患者さんに使用します。

FKO(エフカーオー)

下顎が引っ込んでいて夜間下顎を前に移動させてなるべく下あごを前に発達させようとする装置です。ジャンピングプレートと異なり、口をある程度大きく開けても下あごは前方に位置されます。

ムーシールド

 
 

反対咬合の小児患者さんに使用する装置です。とてもシンプルなつくりのために6歳ぐらいの患者さんでもうまく使うことができます。舌を挙上させて上あごを広げるとともに反対咬合を舌や唇の筋肉の力だけで優しく改善していきます。

リンガルアーチ

個々の歯が正常な位置から外れてしまっている場合などに使用する装置です。この装置は例外的に取り外しができません。通常、来院ごとにワイヤーを調整したり細長い針金でできたバネをつけて個々の歯を動かしていきます。成人患者さんでも使用することがある汎用性の高い装置です。

関連記事

  1. 下あごを前に出した小児矯正症例治療前・右・口腔内

    小児期の出っ歯の矯正歯科治療について

  2. 矯正治療のリスクについて

  3. 赤ちゃんが母乳を飲むときの舌の位置

    母乳と哺乳瓶の飲み方の違い~咬み合せと顔立ちへの影響~

  4. 医療費控除

    矯正歯科治療の医療費控除まとめ 知っておくべき3つの仕組み

  5. 空隙歯列弓の矯正治療

    前歯の隙間(すきっ歯)の矯正歯科治療

  6. 妊娠中の矯正治療

    授乳中・妊娠中の矯正歯科治療について

PAGE TOP