重度の反対咬合も治す矯正歯科治療について

受け口の非外科矯正治療

重度の反対咬合は手術しかないの?

大学病院や普通の矯正専門医は反対咬合を見たら外科矯正を提案するでしょう。あるいは下顎の小臼歯を抜歯して下の前歯を下げる矯正歯科専門医もいるかもしれません。重度の反対咬合の矯正治療では外科矯正や小臼歯抜歯、非抜歯それぞれ顔の美容面への影響が異なりますので、私は違いを患者さんに説明してそれぞれのメリットとデメリットを説明した上で治療を始めます。多くの矯正専門医のように単に噛み合わせと歯並びを治すという治療は僕にとっては非常に簡単ですし、そもそも、患者さんへのフェアなカウンセリングとは矯正歯科単独で治す治療法と外科矯正でルフォーⅠ型+SSROで骨切りする治療法の両方を提案できなければならないと考えています。

重度の反対咬合で外科矯正を考える場合は顎が花王のマークのようにしゃくれて前に突出している場合に骨切り(SSRO)をして下げることが有効になります。しかし、外科手術が怖い方や側貌がたいしてしゃくれていない反対咬合の患者さんは外科手術をする必要はありません。以下に矯正歯科治療のみで重度の受け口を治した症例、それも非抜歯と抜歯の症例を載せて解説を加えました。

受け口の患者さんは低位舌が多くの場合認められますので、舌の位置を正常な位置に戻すよう指導し、口呼吸をやめて鼻呼吸を確立することが非常に大切です。正常な舌の位置と呼吸機能を確立することが顎顔面頸部の筋肉が正常化するために必要で、機能と筋肉の働きが正常化すると関係する顎顔面、口腔内の骨が変化するため、重度の反対咬合であっても外科矯正をしないで整った顎の形や安定した咬み合わせが得られます。

この重度の反対咬合の矯正治療法は”Muscle Wins法”と呼ばれ、もし筋肉と骨が争えば常に筋肉が勝つ、すなわち筋肉の機能や状態に応じて骨の付き方や形は変わるという医学の基本原則から生まれた治療法です。この概念を理解して治療を行うと外科矯正などしなくても矯正歯科治療単独で重度の反対咬合が改善します。

実際の治療例

では、この革新的なMuscle Wins法(以下MW法)を取り入れた矯正歯科医の治療とはどのようなものでしょうか?実際に院長の工藤がMW法で仕上げた症例の一部を見てみましょう。

術前の状態を見てみるとClassⅢ咬合で上の歯より下の歯の方がかなり前にあることがわかります。上下の唇も下唇が上唇より前にあることも分かります。

通常、反対咬合を矯正治療するときに下顎の小臼歯を抜歯して下顎の前歯を後退させる治療を行うとオトガイがくっきりしてくるため、受け口の患者さんの顔の美容を考えると好ましくありません。ですので私は顔の美容面を考え、ほとんどの重度反対咬合の治療では親知らず以外は抜歯しません。

また、歯茎が薄く歯槽骨も薄いタイプでも、生理的な弱い矯正力で動かすことで歯槽骨ごと動かすことが可能です。なので私の技術では歯だけでなく歯槽骨ごと動かすことができますので、歯茎や歯槽骨が薄いからといって矯正治療ができないということは例外を除いてありません。

【本症例の治療法、リスク、期間、料金について】
受け口を主訴に来院。非抜歯、表側矯正装置で治療を行った。噛み合わせはClassⅢ(下が前にある咬合)、唇の上下関係も下唇が前方にある。面長で低位舌が認められた。非抜歯、表側矯正、LF2、マッスルウィンズ法で下顎臼歯を圧下しながら歯槽骨ごと弱い力で生理的に矯正した結果ClassⅠ咬合を獲得し唇の上下関係も改善した。

矯正治療のリスク:歯磨きがしにくくなる、歯根吸収が起きうる、装置によっては発音に影響が出る、食事に制限が入る等 詳しくは https://facetalk.jp/risk-orthodontic-tx/
費用:平均約100万円 詳しくは https://facetalk.jp/treatment-costs/
期間1年半~3年程度

舌の正常な位置は首のラインも整える

 

舌の正常な位置を確立するということは舌骨の位置ならびに舌骨筋群の緊張を適正にするということです。ですのでマッスルウィンズ法に基づいて治療した症例では口元や噛み合わせだけでなく首のラインまで整うことも頻繁に観察されます。

実際の反対咬合の矯正治療症例 ~抜歯とアンカースクリューを併用した矯正治療

重度の受け口はオトガイを強調させないほうが顔の美容面から好ましいため、私は先ほどの症例のように非抜歯で重度の受け口を矯正治療することが多いです。ここでは抜歯して下顎前歯を後退させた症例を見ていきましょう。

この症例は下顎両側の大臼歯6番7番が虫歯で欠損しており、重度の反対咬合を主訴に来院されました。外科矯正で骨切り(SSRO)しないと治らないと診断する矯正専門医も多いと思いますが、私はアンカースクリューを併用して日常的に矯正歯科治療を行っているので、欠損部にアンカースクリューを使って下顎前歯を歯槽骨を作りながら後退させ重度の反対咬合を治しました。

先ほどの非抜歯で反対咬合を治す矯正治療メカニクスと異なる点として、抜歯して下顎前歯を下げるメカニクスはよりオトガイが強調されるという点です。良い面としては上顎前歯はあまり前に傾斜しないので上唇はあまり前に出ないということです。

【術前】

反対咬合_術前_正面
反対咬合_術前_側方
反対咬合_術前_咬合面

【術後】

反対咬合_術後_正面
反対咬合_術後_側方
反対咬合_術後_咬合面

矯正治療のリスク:歯磨きがしにくくなる、歯根吸収が起きうる、装置によっては発音に影響が出る、食事に制限が入る等 詳しくは https://facetalk.jp/risk-orthodontic-tx/
費用:平均約100万円 詳しくは https://facetalk.jp/treatment-costs/
期間1年半~3年程度

関連記事

  1. ガミースマイルのアンカースクリュー矯正術前

    笑うと歯茎が見えすぎるガミースマイルの矯正歯科治療

  2. 術前のシュミレーション_sig

    外科矯正について

  3. 矯正中の歯磨き

    矯正歯科治療中の歯磨きの方法

  4. 妊娠中の矯正治療

    授乳中・妊娠中の矯正歯科治療について

  5. 叢生の矯正治療

    歯の叢生(乱杭歯・八重歯)の矯正治療

  6. 空隙歯列弓の矯正治療

    すきっ歯(空隙歯列弓)の矯正歯科治療

PAGE TOP