重度の反対咬合も治す矯正歯科治療について

受け口の非外科矯正治療

重度の反対咬合は手術しかないの?

大学病院や普通の矯正専門医は反対咬合を見たら外科矯正を提案するでしょう。まれに下顎の小臼歯を抜歯して下の前歯を下げる矯正歯科専門医もいるかもしれません。そもそも、患者さんへのフェアなカウンセリングとは矯正歯科単独で治す治療法と外科矯正でルフォーⅠ型+SSROで骨切りする治療法の両方を提案できなければならないと考えています。

特に受け口の治療では低位舌が多くの場合ありますので舌の位置を正常な位置に戻すよう指導し、口呼吸をやめて鼻呼吸を確立することが非常に大切です。正常な舌の位置と呼吸機能を確立することが顎顔面頸部の筋肉が正常化するために必要で、機能と筋肉の働きが正常化すると関係する顎顔面、口腔内の骨が変化するため、重度の反対咬合であっても外科矯正をしないで整った顎の形や安定した咬み合わせが得られます。

この重度の反対咬合の矯正治療法はMuscle Wins法と呼ばれ、もし筋肉と骨が争えば常に筋肉が勝つ、すなわち筋肉の機能や状態に応じて骨の付き方や形は変わるという医学の基本原則から生まれた方法になります。当然ですが、Muscle Wins法では外科矯正などしなくても矯正歯科治療単独で重度の反対咬合は改善します。

実際の治療例

では、この革新的なMuscle Wins法(以下MW法)を取り入れた矯正歯科医の治療とはどのようなものでしょうか?実際に院長の工藤がMW法で仕上げた症例の一部を見てみましょう。

術前の状態を見てみるとClassⅢ咬合で上の歯より下の歯の方がかなり前にあることがわかります。上下の唇も下唇が上唇より前にあることも分かります。

通常、反対咬合を矯正治療するときに下顎の小臼歯を抜歯して下顎の前歯を後退させるとオトガイがくっきりしてくるため、受け口の患者さんの顔の美容を考えると好ましくありません。私の治療では反対咬合の治療でも親知らず以外は抜歯しません。従来、このような重度の受け口はMW法を理解していなければ手術になっているところです。もし手術でなければ下顎の抜歯になっていたでしょう。

【本症例の治療法、リスク、期間、料金について】
受け口を主訴に来院。非抜歯、表側矯正装置で治療を行った。噛み合わせはClassⅢ(下が前にある咬合)、唇の上下関係も下唇が前方にある。面長で低位舌が認められた。非抜歯、表側矯正、LF2、マッスルウィンズ法で下顎臼歯を圧下しながら歯槽骨ごと弱い力で生理的に矯正した結果ClassⅠ咬合を獲得し唇の上下関係も改善した。

矯正治療のリスク:歯磨きがしにくくなる、歯根吸収が起きうる、装置によっては発音に影響が出る、食事に制限が入る等 詳しくは https://facetalk.jp/risk-orthodontic-tx/
費用:平均約100万円 詳しくは https://facetalk.jp/treatment-costs/
期間1年半~3年程度

舌の正常な位置は首のラインも整える

 

舌の正常な位置を確立するということは舌骨の位置ならびに舌骨筋群の緊張を適正にするということです。ですのでマッスルウィンズ法に基づいて治療した症例では口元や噛み合わせだけでなく首のラインまで整うことも頻繁に観察されます。

関連記事

  1. 叢生の矯正治療

    歯の叢生(乱杭歯・八重歯)の矯正治療

  2. 矯正用ワックス

    矯正治療中の痛みへの対処法

  3. 下顎を前方移動させ筋肉・神経系を適応させた矯正治療

    下顎が小さい「顎なし」患者さんの矯正歯科治療

  4. エラが張っている顔の矯正治療

    エラが張った顔を矯正治療で改善した症例

  5. 矯正中の歯磨き

    矯正歯科治療中の歯磨きの方法

  6. 歯科器具

    歯周病がある方が矯正治療を受ける際に気を付けること

PAGE TOP